ブログ

事例261(軒天材の厚さが薄い)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週は週末に予定がかなり集中しています。
 
 週の前半の余裕を大事にしたいです。
 
 
 
■(1)今回の事例_____________________

  「軒天材の厚さが薄い」
 ____________________________
 
 261  

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 防火の規定により、
 厚さ14mmの材料が図面でも指示されている箇所に、
 6mmの材料が使われている。

 
 ◆内容説明
 
 図面をよく見ないで施工したために
 起きた事例。
 
 
 職人さん法律を理解してなく、
 支給された材料を取り付けただけと思います。
 
 
 仕上がってしまえば見た目では、
 厚さはわかりません。
 
 
 今回は屋根裏で断面が見えたため
 発見できました。
 
 
 
 ◆対策
 
 基本は、間違い防止のために
 図面をわかりやすく書く。
 
 根本的な対策は、現場検査しかありません。
 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 住宅に「リコール制度」がないこと
 
  知ってました?
 
 もしかしたら私が知らないだけで、
 あるかもしれません。
 
 
 
 今年に入り、
  大手ハウスメーカー1社と
  年間100棟以上施工している業者4社の
  
 根本的な設計、施工の間違いを見つけています。
 
 
 5社のうち3社は構造に関すること。
 
 
 それを指摘したときの業者反応は、
 
 間違いは認めながらも
 言い訳がたくさん出てくる。
 
 
 最終的に業者は、指摘事項を改善。
 その現場の問題は解決。
 
 
 ただし、以前のお客さんは切り捨て。
 
 
 すぐに生命の危険にかかわることでなければ
 過去を遡って追及することは難しいです。
 
 
 これが業界の実情です。

 
 人気ブログランキング

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影