ブログ

事例249(雨天のコンクリート打ち)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 雨でプラス寒い。
  現場へ出るには嫌な条件。
  
 特に外壁部のチェックでは
  樋がないので屋根からの雨をまともに受けます。
  
 今日もこのあと、がんばって検査に行ってきます。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「雨天のコンクリート打ち」
 ________________________
 
 249
  
 

 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 たまたま見かけた大雨の中での基礎コンクリート打ち。
  東証1部上場企業の現場です。

 
 
 ◆内容説明
 
 最近は施主さんの心理を考慮し、
  小雨でもコンクリートを打たないのが常識。
  
 
 大雨で、コンクリートを打つと
  内部に雨が入り、水分量が多くなる。
  
 また、表面が流れることがあり
 
 打ってはいけません。
  
  
 これは自宅近くで見かけた
  「アパート」の新築現場。
  
 
 工期がないのか、
  アパートだからという意識が造る側に
  きっとあるんでしょう。
  
 
 
 ◆対策
 
 基本的に雨天はコンクリートを打たない。
 
 作業途中に雨が降る可能性がある場合は
  養生の準備などをする。
  
 
 
===========================

■(2)編集後記

 欠陥を掴まされた。
 
 自分の落ち度といえば「その業者を選んだ」ことくらい。
  
 それなのに「泣き寝入り」しかない。
  
  
 今、私が担当している物件で
  数件はこうなりそうです。
 
 
 その中でやりきれないのが
 
  施主自身が紛争のやり取りで
   精神的にまいってしまい
   これ以上、交渉を続けられなくなるケース。
  
  
 実は相手が大手ほど、この傾向は強い。
 
 購入する側は大手という安心感から
  多少高くても購入を決めるケースがある。
 
 紛争になり、手のひらを返されたショックは大きい。
 
 
 
 「顧客第一」とかいう理念や広告に
 
  皆、騙される。
  
 
 
 騙されたくない人は是非、この本を読んでみてください。
  値段は480円と安いですが内容はすごいです。
 
 『コワ~イ不動産の話』宝島社 宝島編集部・編

 (アマゾン)
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796676147
 
 (楽天)
 http://bit.ly/bfT0JP

===========================

 このブログの内容、
  まぐまぐからメルマガ配信しています。

 更新時、メールで受け取りたい方は
  ここから登録できます。

 http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影