ブログ

事例238(基礎の破壊)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の検査予定は3件。
 プラス、各現場間の距離が遠い。
 
 
 移動の多い日になりそうです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「基礎の破壊」
 ________________________
 
 238
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎をはつり、穴を開けて配管を通した。
 水漏れもおきている。
 
 無計画な基礎のはつりは
 耐力低下の原因になる。
 
 
 ◆内容説明
 
 未だに床下へもぐるとよく見かける例
 
 配管計画が行き当たりばったりで
 未計画だとこのようなことになる。
 
 
 あとで基礎に穴をあけることは
 鉄筋を切る恐れもあり
 すべきことではない。
 
 仕方なくあとで基礎に穴あけする場合は
 鉄筋探査で鉄筋の位置を確認した上で
 コア抜きする。
 
 
 
 ◆対策
 
 大手ハウスメーカーでは
 基礎の図面に配管の位置が書かれている。
 
 事前の計画、及び職人さんの手配が重要。
 

 
=========================

■(2)編集後記

 
 先日欠陥調査へ行った家で
 依頼者が業者への悔しさのあまり
 泣いてしまいました。
 
 珍しいことではありませんが
 皆さんの家に対する思いを改めて認識させられます。
 
 
 
 最初、伺って話を聞いているときは
 特に欠陥でもないし、
 こちらの言うことも聞かず、怒りながら話すので
 
  「当社のお客さんではない
       切り上げて帰ろうか」
       
 と内心思っていました。
 
 
 ただ、このようにさせた原因は
 
 
  「業者の対応と嘘」
 
 
 最後まで業務をやりきり、私といろいろ話すことで
 
 少しでも依頼者が
 気持ちを切り替えれたなら
 
 行ってよかったと思います。

 
 業者側は、家を買うときの
 
 お客さんの「家」、「使ったお金」への思いを
 軽視してはいけませんね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る