ブログ

事例136(接合金物の不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 雪が舞う寒い日が続きます。
 
 今週は出張ウィーク。地元にあまり居ません。
 メールの反応も遅くなりそうです。
 
 
■(1)今回の事例__________________
 
 ・「梁接合部 金物不備」
 _________________________
 
 136

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 梁の接合部を緊結する金物
 ナットの施工忘れ。

 
 ◆内容説明
 
 比較的理解しやすい事例だと思います。
 
 
 木造住宅の躯体組み上げ時は
 多いときで10名弱の大工さんが集まって
 組み上げます。
 
 ・急ぐ
 ・あとからやろう
 ・誰かがやってくれる
 
 などの行動、思考が要因し、
 金物不備は起きます。
 
 
 
 ◆対策
 
 行政の中間検査では全数チェックはしてもらえません。
 
 施工者又は設計者で検査することが必要です。
 
 
 
=============================

■(2)編集後記
 
 業者から
 
 「その発言取り消してくれませんか
         名誉毀損ですよ」
       
 と最近言われました。
       
       
 何のことかと言いますと
 「欠陥」かどうかの発言です。
 
 
 実は施主、業者双方多くの人が
 欠陥の定義を勘違いしています。
 
 弁護士などの法律家でない限りやはり言葉の定義は
 建築士でも理解していないようです。
 
 欠陥とは 
  「家が傾くなど重大なもののことを言う」
  
 と思いがちです。
 
 
 欠陥住宅特集のTVで放映されるのは
 画像でわかりやすい事例を取材するため
 重大なものしか取り上げません。
 
 その影響も大きいのでしょう。
 
 
 「欠陥」という言葉の定義
 メルマガの最初にも書いてありますが
 
     1、契約違反、
     2、基準法等建築関係法令に抵触、
     3、一般に使用している技術基準に抵触  
      の3点です。
 
 「欠陥」を辞書でひくと
 
 「必要なものが欠けていること。不備・不足のあるもの。欠点」
 
 
 わずかでも法に違反していること
 軽微でも契約図面どうりでないことも
 
    「欠陥」です。
 
 
 覚えておくと何か役に立つかもしれません。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影