ブログ

事例137(ボルトの緩み)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝の事務所に来たときの室温
 
    6℃
    
 鉄骨造 ALCだけの断熱で
  とっても寒いです。
 
 
■(1)今回の事例________________
 
 ・「梁接合部 ボルトの緩み」
 _______________________
 
 137

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します。
 
 梁の接合部を緊結する金物
 
 ナットの緩み。

 
 ◆内容説明
 
 1、2ヶ所の緩みでしたら
 締め忘れ。
 
 全般に緩んでいると
 木が痩せて緩んだ可能性が高いです。
 
 
 構造材端部を緊結するいう
 構造的な意味からすると緩んでいてはダメです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 人が入れる場所でしたら
 緩んだ金物をあとから締めることができますが
 1階天井裏など無理な場所があります。
 
 木痩せ対策は
 ・乾燥材を使用する。
 
  軽微な緩みも防ぐなら
 ・木痩せ対応の金物を使う
 ・無垢ではなく集成材を選ぶ
 ・金物接合の工法を選ぶ  など
 
 前もっての計画が大事です。
 
 
 グリーン材(未乾燥木材)が
 過去は多く使われていましたが
 近年、KD材(乾燥材)を使うのが
 一般的になりました。
 ただ、価格の安いグリーン材を使うケースも
 たまに見かけます。
 
 建てる前、建築士に木のこと聞いてみましょう。
 それが一番のトラブル防止になるかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影