ブログ

事例199(基礎の結露)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 ここ数日は事務所にいることが多かったですが、
 今日からは現場のスケジュールがびっしり。
 
 体的には事務所にいる方が楽ですね。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎の結露 」
 ________________________
 
 199

 

 
 
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 ベタ基礎の結露?
 和室下など特定箇所の
 コンクリート表面が全体に湿気る。
 
 
 ◆内容説明
 
 土汚れなどでまだらに見えますが
 確実に表面が濡れている。
 
 そこでいろいろ考えました。
 
 ・地下から水が入った様子はない。
 ・雨漏り、水漏れしている様子もない。
 ・湿気やすい北、西側だけ濡れている。
 
 ということで「結露」と結論付けました。
 
 よくある事例ではありません。
 また、結露?と思っても実は
 地下水進入だったりすることが多いです。
 
 詳しく調査しないとわからない例です。
 
 
 ◆対策
 
 なかなか計画時にわかるものではありません。
 原因は周囲の環境条件によるものが多いでしょう。
 
 結露の条件は
  温度差と水蒸気量
 
 目に見えないものだけに点検が一番です。
 
  
===========================

■(2)編集後記

 
 再度、事務所移転を前向きに考えています。
 
 移転理由の一番は
 駐車場が遠くなったこと。
 
 ビルの下に共有駐車場がありますが
 満車の場合、借りている駐車場は徒歩5分。
 
 以前は近かった駐車場
 コンビニ建築などで遠のいてしまいました。
 
 
 当社の来客と言えば「相談」95%の方は
 車で来社します。
 移転する手間は大変なんですが
 駐車場問題を解決するために
 10月から11月で移転したいと思います。
 
 ただ、郊外は事務所物件が少ないですね。
 あってもかなり古いとか・・・。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影