ブログ

事例145(釘外れ、木の割れ)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 久しぶりに当日依頼があり
 希望が夜だったため対応できました。
 
 検査ですができるだけ
 「即対応」できるようにしています。
 
 
■(1)今回の事例________________

 ・「釘はずれ、木の割れ」
 _______________________
 
 145
 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 2×4 1階床組。
 端部接合金物 釘の外れと木部の割れ。
 

 ◆内容説明
 
 規格の金物使用において釘の打ち方が悪い。
 
 釘の種類、本数も決められていて
 規定どうり施工して当たり前です。
 
 
 現在、手で釘を打つことはあまりなく
 エアを使って一瞬で釘が打てるので
 このような例も起きます。
 
 打ち損じ、特に写真のような例は
 いくら機械打ちでもやった本人は気がつくはずです。
 
 わかっているのにそのままにしたことは
 故意であり悪質です。
 
 

 
 ◆対策
 
 今回は2×4 特有の金物
 1階の床組で床下部分はあとから見えません。
 施工中のチェック(当社の検査では土台、1階床組検査)
 をすると良いです。
 
  
===========================

■(2)編集後記(普段はメルマガのみで読めます)
 
 
 富士ハウスの破綻
 契約金など払って未着工という記事が
 新聞に出てました。
 
 半年以上前に契約金を払っているとか
 着工前に6割代金を払ったとか
 
 
 先回の編集後記で
 
 「家を購入する側に考える力が不足していているのは
 間違いありません」
 
 と記載しました。
 
 
 依頼先の経営状況まで考えなくてはいけない
 時代になったのでしょうか?
 
 
 大きなリスクの一つとして考えるべきでしょう。
 
 
 株式上場企業なら 
 会社四季報、IR情報、株価のチェックなど
 その他の会社なら自分から情報を取るしかないでしょう。
 
 信憑性の薄いネットより
 実際に信頼できる筋から情報を取ることが大事です。
 
 ある程度の規模の建設、不動産関係の経営情報は
 銀行や取引先から情報が漏れてうわさが
 業界内では飛び交います。
 
 最近破綻した数社の情報は
 かなりリアルな情報を私も聞いていました。

 余談ですが
 昨年、探偵と会う機会があった時に聞いたのですが
 お金を出せばほとんどの情報は取れるそうです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る