ブログ

事例144(筋かいの貫通穴)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 前日の夜、事務所で原稿書いています。
 静まりかえった中は
 
 集中できます。
 
 
 
■(1)今回の事例________________

 ・「筋交いの穴」
 _______________________
 
 144

  
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 木造住宅、筋交いのふし抜けによる貫通穴。
 断面の欠損となり耐力を低下させる。

 ◆内容説明
 
 筋交いは地震や風から家を守る
 構造的に重要な部材。
 
 断面寸法によって耐力も決められ
 (基準法施行令第46条4)、
 切り欠きはその部分が弱くなるのでダメです。
 (基準法施行令第45条4)
 
 写真のようなふし穴は
 断面欠損でもあり、切り欠き同様でもあり
 法違反はもちろん弱くなる原因です。
 
 
 業者側は
 「材料屋が持ってきたので仕方がない」
 「無垢材だからふしは仕方がない」
 と言い訳をします。
 
 私が思うには
 それは業界の常識かもしれませんが
 一般的には非常識なことです。
 
 図面上の耐力が確保できなければ
 契約違反にもなります。

 
 ◆対策
 
 材料の指示および材料搬入時の検査
 
 検査が面倒なら ふしのない
 「集成材、LVL」の筋交いを使う。
 
  
============================

■(2)編集後記
 
 
 大前研一さんの著書
 
 『「知の衰退」からいかに脱出するか?』 光文社
 
 で下記のような内容が載っていました。
 
 
 「冷静に考えてもらいたい。
 姉歯物件は相場より3割も安い価格だったのだ。
 なんでもかんでも自己責任とは言いたくないが、
 常識的に考えてこれだけ安い物件を買っておきながら、
 このマンションを買った人たちは、
 その価格に付随するリスクについては
 ”何も考えなかった”のだろうか?」

 
 
 高いけど粗悪な家を造る会社
 安くてもいい家を造る会社
 
 いろいろあるので一概には言えませんが
 購入する側に考える力が不足していているのは
 間違いありません。
 
 
 家を買うのにいちいちそんなこと
 考えないといけないのか?
 
 高い買い物ですし、既製品を買うのではないので
 必要だと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る