ブログ

事例222(筋交い金物切断)

 こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日も暖かいですね。
 現場へ出るにはちょうどいい気温です。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「筋交い金物切断」
 ________________________
 
 222
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 筋交い金物の切断。
 アンカーボルトと干渉したことが原因。
 写真では見えないが土台接合部のビス穴も
 切断されていてビスも不足している。

 
 ◆内容説明
 
 筋交い金物などの「構造金物」
 
 付いていればとりあえずOKという
 感覚があるようです。
 
 今回のように金物同士が干渉するケースは多い。
 
 その場合は金物の種類を変えたりすれば
 おさまるはずですが、
 現場にある金物で済ませたいのでしょう。
 
 大地震時以外には役に立つものではありませんが
 万が一の時の安全のため
 構造金物は規定どうりの施工が重要です。
 
 
 ◆対策
 
 ・使いやすい金物の選定
 
 ・おさまらないときに無理な施工をしないように
  大工さんを教育する
 
 ・現場検査
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 当社のような第三者検査が初めての
 建築業者さんや大工さんにとって
 一番気になることが
 
     「検査の基準」
 
 簡単に言えば
 
 建築基準法、公庫(フラット35)仕様を中心に
 
 建築学会発行の書物、
 製造メーカーの施工マニュアルを
 参考に基準としています。
 
 
 「その基準よりこうしたほうがいい」
 などの意見をたまにいただきます。
 
 家に関しては人によって
 いろいろな考え方があり、
 大工さんなどは経験上たくさんあると思います。
 
 
 ただ、それが本当に安全か確かめることは
 実験など出来ない立場では不可能であるため、
 
 上記に書いたような基準を最低限守り
 これ以上のものを求めることが大切だと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影