ブログ

事例178(基礎パッキンの不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 梅雨に入り、雨と言うと
 雷を伴った豪雨。
 
 昨日も高速道路を走っていてこの豪雨にあい
 前があまり見えなかったです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「基礎パッキンの不備」
 ________________________
 
 178
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 基礎と土台を緊結するアンカーボルト部分に
 基礎パッキンがない。
 締め付け力のかかる箇所であり必要です。
 
 基礎パッキン↓
 http://www.joto.com/kp_a/kp_top.php
 
 ◆内容説明
 
 建築基準法第42条の2に
 「土台は、基礎に緊結しなければならない」とある。
 
 緊結の方法ですが
 アンカーボルトで締め付けます。
 
 しっかり締め付けるためには
 土台と基礎の間に空間があってはダメです。
 土台に余分な負荷がかかります。
 
 基礎パッキンの製造メーカーの施工マニュアルにも
 アンカーボルト部、柱下など力のかかる箇所は
 必ず入れることになっています。
 
 
 
 ◆対策
 
 あとから入れる施工はイレギュラーであり
 施工時に位置をきちんと確認すべきです。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 先週あったこと。
 
 完成検査でキッチン収納扉が壁に当たるので
 「涙目・・・ソフトクッション」
   参考 http://www.exseal.co.jp/product/soft-cushion.html
  
 をつけてとお願いしたら、担当者が
 
  「コストと手間がかかるのでダメです」と言った。
 
 
 だいたいこのようなことを言う社員がいる会社は
 
 家を造りその結果、利益を生み出すというよりは
 お金を造る事が一番、その手段が家を造るという会社。
 
 担当者は会社のためにいい事したと思っているでしょう。
 
 反対に、お客さんからすれば数千万の家を建てて
 1ヶ10円ほどの貼るだけの部品を断る
 嫌な会社としか思わないでしょう。
 
 
 不況ですし、利益を稼ぐことは大事ですが
 
 今の時代、消費者は安い、高いで購入先を決めるだけでなく
 その会社(担当)が好きか、嫌いかも大きな選択理由でしょう。
 
 こんなことしていると
 将来的に選ばれない会社になるでしょう。
 
 
 以前、パフォーマーの監督さんを見たことがあります。
 
 普段はとてもいい加減な人なんですが
 完成引渡し時、お客さんが来る前に家を一生懸命掃除しているんです。
 
 前日に掃除の業者が入ってきれいだったかも知れませんが、
 腕まくりをして、玄関先に水をまいたり、タイルを拭いたり
 見せ方が上手なんです。
 
 これを見たお客さんは感動してました。
 
 
 時間、コストの効率化も大事ですが
 かけないといけない時間、コストもあると思います。
 
 
 今回の「涙目」
 営業さんでも誰でもいいから
 
 「ここの扉、壁に当たるので付けておきます」
 とお客さんの前で言えば
 
 10円以上の価値を生み出すと思います。
 
 
 家は高いものだけに
 お互いが気持ちよく完成させたいですね。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影