ブログ

事例185(棟換気 下地開口不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日は朝から電話が多いです。
 何本かかってきたか、数できないほど。
 
 相談が多い・・・・問題が多いということですね。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「棟換気 下地開口不足」
 ________________________
 
 185

  
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根頂上部(棟)で空気を抜く換気開口部。
 下地開口幅60mm~80mmほど必要なのに
 5mmほどしかない。
 
 
 ◆内容説明
 
 屋根裏空間の夏場の熱気などを
 外へ抜くための換気部分。
 
 外観上、部品は付いているので
 図面どうりですが
 内部で施工が間違っていて
 性能を十分果たさない。
 
 
 ◆対策
 
 私の場合、躯体上棟検査のときに
 この部分は気にしています。
 
 全ての住宅につくわけではなく
 設計で指示している場合のみですが。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 今週3件同じ相談があったので紹介します。
 
 相談内容
 
 「建築条件付宅地」で契約し
 そこからプランを決めたのに
 
  契約は土地、建物の「売買契約」だけ、
  
  確認申請の建築主名義は不動産屋さん。
 
 注文住宅なのになんで?という内容。
 
 
 これはよくある違法契約です。
 
 建築条件付き宅地の場合は
 「土地の売買契約」、「建物の請負契約」の2つの契約になります。
 
 当然、確認申請の建築主名義は 請負契約なので
   例外がなければ注文者の名前です。
 
 
 これを解説したAll Aboutのページを見つけました。
  ↓
 http://allabout.co.jp/house/buyhousekansai/closeup/CU20011202/
 
 
 知ってて やっているのか?
 知らずに やっているのか?
 
 どっちかは当事者でないとわかりません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影