ブログ

事例207(アンカーボルト埋込み不足)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 台風が来るということで
 検査に行く現場、どこも片付けなどしていました。
 台風が来ると現場は大変です。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「アンカーボルト埋込み不足 」
 _________________________

 207
  

 
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 アンカーボルト、基礎への埋込み不足。
 規定は250mm以上のところ
 約20mm不足でした。
 
 
 ◆内容説明
 
 コンクリートを流し込む前の写真。
 アンカーボルトのコンクリートへの埋込み深さが
 20mm不足していることが判明。
 
 アンカーボルトの埋込み深さは
 公庫仕様と製造メーカーで指定されています。
 
 
 基礎から上への出は指示するケースが多いですが
 埋込み深さを気にすることは少ないようです。
 
 今回使用していたアンカーボルトの長さは400mm
 図面で指示している上への出を確保すると
 長さ450mmのアンカーボルトを使う必要がありました。
 
 
 ◆対策
 
 基礎図面で指示することと
 コンクリートを流し込む前にアンカーボルトを
 セットし埋込み深さを確認する。
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 事務所の移転、ようやく決まりそうです。
 
 探していた場所が東名阪 大森ICの近くで
 物件があまりなく選択が非常に難航しました。
 
 場所が良くてもかなり古く、汚いとか・・・
 
 契約前でまだ100%確定ではありませんが
 大森ICから車で数分。
 名鉄瀬戸線 喜多山駅徒歩4分(栄から14分)
 の場所に移転予定です。
 
 電話番号も変わるため混乱するかもしれませんが
 今月末の引越しに向けて準備しています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影