ブログ

事例181(筋交い端部の隙間)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週はGW明けから続いたバタバタが
 ようやく一段落しました。
 
 業務以外何もできなかったので
 今回、時間の余裕はうれしいです。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「筋交い端部の隙間」
 ________________________
 
 181
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 筋交い端部の隙間。
 圧縮、引張り力の両方がかかる筋交い。
 隙間は圧縮力に対しNG。

 
 ◆内容説明
 
 筋交いの端部。
 斜めであり、ぴったりはまるように材料を
 切るのは難しいですが
 
 プロの大工さんなら
 きちんと出来て当たり前。
 
 
 平成12年以降 筋交いの端部は
 金物固定が必要になりました。
 
 大工さんは材料カットをミスしても
 金物固定があるから多少の隙間は大丈夫と
 思うかもしれませんが
 
 金物は主に引抜き力に対し有効です。
 
 
 隙間が大きいと壁の変形が大きくなり危険です。
 
 
 
 ◆対策
 
 現場での検査。
 
 もしくは工場での材料カットがよいです。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 事務所のすぐ前に 「王将」があります。
 
 不況の今、好業績の企業として
 テレビなどに取り上げられる影響でしょうか
 最近、とても混んでいます。
 
 土日の夜などは外に行列が出来るほど。
 
 
 立地はそんなに良くなく
 駐車場もやや離れている。
 
 ただの中華料理の店だったら
 こんなに繁盛しないはず。
 
 マスコミの影響はすごいですね。
 
 
 次回7月3日(金)はまぐまぐさんのシステムメンテナンスのため
 配信ができません。次回発行は4日(土)になると思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る