ブログ

事例180(防火規制違反)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日の午前中は書類作成。
 午後からは2件検査予定があり
 最終は日没ぎりぎりの予定。
 
 日が長いので7時過ぎまで検査可能です。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「防火規制違反」
 ________________________
 
 180
 

 
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 防火構造とするべき外壁の内側に、
 必要な石膏ボードの施工がない。
(断熱材もない)

 
 ◆内容説明
 
 準防火地域 木造2階建ての外壁
 
 外側 サイディング
 内側 石膏ボード(9.5mm)などで
 
 「防火構造」とすべき箇所の内側の石膏ボードの施工がない。
   建築基準法第2条8号改正(告示1359号)
 
 私が検査している経験上
 岐阜県は行政の中間検査で指導を受けるため
 守られている確率は高い。
 
 
 ◆対策
 
 ハウスメーカーさんなどは標準で
 全ての現場に対応済み。
 
 図面で明記されている例が少なく
 現場サイドで判断が難しい場合は
 標準施工にするとよいです。
 
  
============================

■(2)編集後記

 
 今回紹介した例もそうですが
 無知型の欠陥住宅が多い。
 
 ・改正省エネ法
 ・長期優良住宅法 など
 
 最近また、法改正が続き、
 より現場は混乱するのではないでしょうか?
 
 
 完成済みの欠陥住宅を処理するのは
 購入者、施工者など皆に負担がかかります。
 
 製造側への情報発信を増やして
 元の原因削減に努める必要もあるのでは
 
 と最近、思っています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影