ブログ

事例149(屋根板金のへこみ、さび)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日はあいにくの雨
 現場では
 土がぬかるむのが一番嫌ですね。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「屋根板金のへこみ、さび」
 ________________________
 
 149
  

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根の板金(棟部)のへこみ、錆び。
 完成の検査時、2階の窓から下屋が見えて発見。

 ◆内容説明
 
 下屋(2階建てで1階の屋根)の棟部分の板金
 が外装作業中に傷つき、錆びた。
 
 今回は構造的に重大とか
 法律、基準に違反している
 というものではありません。
 
 法律の本から引用させていただくと
 「美的損傷型瑕疵」にあたります。
 
 外部は内部に比べ職人さんたちが
 傷などに対して無頓着なことがあります。
 
 
 
 ◆対策
 
 完成検査時に内部だけでなく
 外も見ましょう。
 特に2階の窓をあけて周囲を確認。
 
 外部は足場を解体する直前に
 現場監督さんが品質検査すれば完成時に
 指摘を受けることは少ないです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る