ブログ

欠陥住宅事例104(土台ジョイント不備)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日、午前中検査に伺いましたが
 いつもより涼しかったです。
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「アンカーボルトの位置が悪い」
  _______________________
 
 104

  
 今回から、写真を拡大できるようにしました。
 (以前のものは時間があれば対応したいと思います)

 写真解説:木造の土台ジョイント部、
       アンカーボルトの位置が悪い。
       右側が左側を押さえているが
       アンカーが左過ぎて押さえがきかない。

 基礎と躯体をつなぐ重要な部材
 「土台」のジョイント部。
 
 写真を見て頂くと
 
 右側が左側の上に一部載って
 上から抑えています。
 
 
 つまり抑え側の右側にアンカーボルトがないと
 きちんと固定できないのに
 アンカーボルトはジョイント部にあり
 抑えの効果はありません。
 
 
 押さえが悪いと地震時などに基礎から
 浮き上がる可能性がありダメです。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 土台のジョイントと基礎のアンカーボルト位置
 の計画が悪いか
 
 施工ミスがあると今回のようになります。
 
 
 計画時は口をはさみにくいので
 施工者側での図面チェックがまず一番です。
 
 施主側にしたら
  「アンカーボルトの位置大丈夫ですか?」
 などと注意を促すなどが有効でしょう
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る