ブログ

欠陥住宅事例105(商品偽装)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 トラブル処理の多い1週間でした。
 新宿のホテルからメルマガお届けします。 
 
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「材料偽装・・偶然の発見」
  _______________________
 
 105

 

  写真解説:外壁仕上材、目地シーリング工事中の写真。
        ランクの低い材料の使用と下地接着材料 
        の未使用。
 
 このタイミングで検査していなかったら
 絶対にわからない衝撃の事例です。
 
 この外装材
 汚れが付きにくく、塗装の耐久性も高いことが
 売りの商品。
 
 値段もその分高額で結構な人気商品です。
 
 
 しかし、その目地部分に使われる
  
  シーリング材
 
 メーカーが外壁材に合わせ、高耐久のものを
 指定しているにもかかわらず、
 現場で施工業者が違うものを使っていました。
 
 
 私が問題にしたのは
 商品カタログで1ページ半にわたり
 シーリング材の高耐久性などを記載している
 にもかかわらず、
 
 高耐久ではない普通の性能のシーリング材を
 使ったからです。
 
 
 指摘の際、
 念のためメーカーのお客様窓口へ
 確認しました。その回答は・・・
 
 「この商品とシーリングはセットで使う事に
 なっていますが施工業者へ強制はしていません。」
 
 
 一方施工した業者の意見は・・・
 
 「メーカーから指導は受けていない、
 値段が高いから使えない」でした。
 
 
 また、メーカーの担当者から
 このシーリング材は実質、10%くらいしか
 出荷されていないとの衝撃告白もありました。
 
 
 現在、やり直しを求めていますが
 未だに非を認めません。
 
 施工業者とメーカーで責任を
 擦り合っています。
 
 
 
 消費者が、カタログやショールームで
 商品を気に入り
 高い差額を出して選んだのに
 
  肝心の目地の性能が低ければ、
  
 いくら本体の耐久性が高くても意味がないです。
 
 いろいろ、メーカー側も言い訳してますが
 
 これって単純に考えると
 
  食品偽装 と同じではないでしょうか
 
  
 完全に消費者を裏切る行為は詐欺であり
 許せません。
 
 
 私はメーカー側に
 シーリング材の集荷管理から事実を確認
 出来る立場としての責任は重いとして
 
 今まで行った現場の「リコール」を
 求めています。
 
 
 この先、どうなるかわかりませんが
 交渉を続けます。
 
 
 
 ◆対策
 
 建材では昨年、防火性能の偽装がありました。
 
 名の知れた大手メーカーでも
 製品の信憑性はわからない時代です。
 
 
 なぜ、このようなことが起きるのか?
 
 
 商品開発や広告・・・販売だけを重視するからです。
 
 これは家を売る会社でも多くは同じですね。
 
 
 現場の品質は後回しというかあまり頭にないのでしょう。
 
 
 疑いを持たないと
 騙されて当然の嫌な世の中です。
 
 何ごとも細かなチェックが必要かもしれません。
 
 
 
============================
■(2)編集後記(普段はメルマガのみに記載)
 
 
 最近また、トラブル仲裁が忙しいです。
 特に、今週は殺到しました。
 
 
 何でこんなに?というくらい多いです。
 
 
 一流と言われるメーカーでも
 ブランド意識に欠けた会社ばかりです。
 
 個人の利益
 会社の利益
 
 しか考えていません。会社ですからもちろん当然なのですが、
 
 
 施工の悪さを許容範囲内ということで逃げ
 
 客を黙らせる決めゼリフは
 
 「出るところ出ましょうか」
 
 
 
 坪単価の高いメーカーをわざわざ選ぶのは
 ブランド品を買うときと同じ感情からではないでしょうか?
 
 期待した品質や安心を裏切り
 
 選択心理を無視した対応は
 おかしいと私は強く思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影