ブログ

欠陥住宅事例76

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 誰でも驚き不安になります。
 
 ~地盤の沈下
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「造成地の沈下」
  _______________________
 
 76

 

 
 写真解説:造成した地盤が下がり土が陥没した。

 造成地で盛土の上に建てられた住宅
 
 埋立ての際、締固め不良のためか
 地盤が下がってしまった。
 
 
 建てる際に地盤調査をして
 杭は打ってあったので、
 
 建物自体の沈下は免れているが、
 擁壁際などは写真のように大きな
 空洞になっている。
 
 
 現状は土は下がり杭だけで建っているようなもので
 地震が来れば杭を横で支えるものはなく
 揺れは大きくなるでしょう。
 
 また、地中に埋まっている配管にも
 勾配が変わるなどの支障が出てくるでしょう。
 
 
 地盤沈下の問題はいろいろな所で
 起きています。
 
 
 起き易いのは
 やはり、土を埋めたところです。
 
 
 
 ◆対策
 
 造成地を購入する時は慎重になりましょう。
 
 今回の例でも
 家自体が傾いていないので
 
 「地盤保証」は掛けてあるのにおりてきません。
 
 
 「保険」があるから大丈夫などという
 言葉には乗らず。
 
 造成工事の経緯、許可、検査類を詳しく
 調べるか、専門家に調べてもらいましょう。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る