ブログ

事例122(見た目より影響大!断熱材の浮き)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 当社の事務所の隣は幼児の英会話教室
 
 夕方になり授業が始まると賑やかです。
 気にならないように音楽を大きめにかけて
 仕事しています。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「天井断熱材のよくある隙間」
 ________________________
 
 122

 
  
  ↑クリックすると拡大します。
 写真解説:最上階、天井断熱材端部の隙間。
      写真赤丸部のような隙間は断熱欠損
      の原因となる。 

 写真は「ロックウール(岩綿)」という
 パック式の断熱材。
 
 グラス(ガラス繊維)ウールと共に
 よく使われる断熱材ですが
 製品の幅が決まっているため
 入る箇所の寸法がジャストでないと
 たわんだりして隙間などが出来やすい。
 
 
 今回の写真のような浮きは部屋側に
 冷気、熱気が入り断熱の意味をなくします。
 
 大工さんもこれは手を抜いている訳でもなく
 実際の影響を知らないだけ。
 
 サーモグラフィーカメラを自社で持つように
 なり断熱欠損の例を多く知ることが出来た
 事例のひとつです。
 
 雨漏り処理を多く経験して
 途中気をつけるポイントがわかるようになるのと
 同じ事です。
 
 
 
 ◆対策
 
 これは現場の監督さんなども気が付かない
 確率が高いです。
 
 業界にいると断熱材の少しの隙間は
 仕方がないと考えがちです。
 
 対策は
 ・自分で見るか
 ・施工ミスが起き難い断熱材の選択
 ・検査の専門家への依頼
 
 どれかでしょう。
 
 
============================
■(2)編集後記
 
 
 先週末、中古住宅の検査を行ないました。
 
 書類のチェック時からいろいろ不備がありましたが
 内部の検査を進めるうちに大きな指摘も出てきて
 
 「購入したらダメ」ということを
 依頼者へ伝えました。
 
 最終決断は今日時点で聞いていませんが
 たぶん、この家を買うのはあきらめるでしょう、
 
 この日の検査までに依頼者は
 現場に2,3度足を運んだりしてたようで
 期待が膨らんでいたのに急に萎ませ
 気の毒だったなと感じました。
 
 
 翌日、東京で別の人と話をする機会があり
 「中古住宅を買う前に自分でいい悪いの判断が
 ある程度出来たらいいよね」という会話があり、
 
 週末の件を思い出しました。
 
 
 よく考えてみると
 広告などからもある程度の判断ができます。
 
 最終の判断は専門家の現場検査が必要ですが
 検査するまでもない物件を判断する事は
 家を選ぶ際に非常に無駄がなくなります。
 
 
 近く、そのノウハウは公表します。
 メルマガがいいのか、
 HPへ載せるかまだ、わかりません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影