ブログ

欠陥住宅事例121(大引きの欠損)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 急に寒くなりましたね。
 今週は移動が多かったです。
 明日も少し遠くまで、日曜日は東京
 移動疲れが出そうです。
 
 
■ 今回の事例__________________
 
 ・「大引きの切断」
  _______________________
 
 121

 
 
 

  ↑クリックすると拡大します。

 写真解説:1階床組 キッチンの配管が
      床荷重を受ける大引きを貫通している。

 写真を見れば何が「ダメ」かわかりやすい例です。
 
 難しい説明は省略して
 床を支える材料がこれだけ欠損したら
 弱くなるのは当然です。
 
 
 たまたまキッチンの排水管と
 大引き(床を構成する横架材)の位置が
 合致してしまい
 
 補強をしないまま完成した例です。
 
 あとから見えない部分だけに
 バレないだろうという心理が働くのでしょう。
 
 
 ◆対策
 
 工事中のチェックが基本ですが
 キッチン近くには床下点検口があるので
 のぞいて見ると良いです。
 
 
 
===========================
■(2)編集後記 (普段はメルマガでしか読めません)
 
 
 セミナーをやります。
 
  と言いましても 当社主催ではありません。
 
 
 主催は先月岐阜県大垣市にオープンした
 注文住宅博物館 家・ミュージアムさん(設計事務所)
 
 
 セミナーの内容はその都度考える方です。
 私は施主側についていろいろな
 メーカー、工法、現場、お客さんを
 客観的に見れる
 貴重な体験を1000件以上しています。
 
 目から「うろこ」!
 ブログでは書けない、情報をたくさん出します。
 
 これから家を建てようと計画のある方
 3年、5年先でもOKです。
 ぜひご参加ください。
 
 当社主催セミナーの予定は当分ありません。
 
 主催者の売り込みもありませんので
 お気軽に申し込んでください。
 
 
 
 ○日時 11月9日(日) 13時~15時
     私は1時間の予定
     
 ○場所 岐阜県大垣市本今  家・ミュージアム
 
 ○参加費 無料
 
 予約は当社まで
 詳細は予約後お伝えします。
 
 info@ie-kensa.com まで
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影