ブログ

欠陥住宅事例72

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 まもなくバタバタの3月が終わります。
 来月は少し、余裕が出そうです。
 
 
 ~壁パネルの固定不良です。
 
 
■今回の事例___________________
 
 ・「2×4 壁パネル下端 釘打忘れ」
  _______________________
 
 72

 
 
 

 写真解説:題名の通りです。

 写真は内部の壁を構成する部分で
 固定が不十分であれば
 仕上がってから
 
    壁が動く
    
    
 なんてこともありえます。
 
 また、構造上重要な耐力壁であると
 今回のような未固定では耐力壁の機能を
 果たさず、耐震性能も落ちます。
 
 
 2×4はとにかく釘をたくさん使って木を固定し、
 組み立てる工法です。
 
 三井ホームさんの工場は一部、釘打ちを
 自動化しているような話を聞いた事はありますが
 ほとんどの会社は人間の手で(釘打ちの機械は使いますが)
 釘は打たれます。
 
 
 人間のやること
 
   打忘れはあって当然
 
 で忘れを防止することが重要です。
 
 
 
 
 ◆対策
 
 躯体組み上がり時に
 複数人での検査をすること。
 
 
 釘の数が多いため、一人の検査で100%は
 無理があります。
 
 どんな工程でも言えますが・・
 
 ・職人の自主検査
 ・監督の検査
 ・検査員の検査
 
 など3重くらいにやるのが理想です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影