ブログ

事例745『屋根結露』

「界壁施工」というキーワードで検索をかけると
アパート会社の東建コーポレーションの
社員ブログばかり出てきます。
ほぼ独占状態に近いくらい順位を独占しています。

ブログを書いている現場監督さんも大変ですね。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根結露」
_______________________
屋根結露

◆写真解説

壁をつたう黒いすじは、屋根の結露水が小屋裏収納に出てきたもの。
屋根断熱で、断熱材の施工が悪いために結露が起きている。

 

◆内容説明

ロックウールによる屋根断熱。断熱材は野地板に密着して施工。
通気層はない。また、屋根断熱なので小屋裏換気も設けいていない。

水蒸気が小屋裏に集まり、断熱材の隙間から入った水蒸気が
冬場冷たい野地板面で結露を起こす。

 

◆対策

屋根断熱にする場合は、野地板との間に通気層を設けるか、
表面でしっかり気密を取る。

 

==============================

■(2)編集後記

一時、仕事が減った住宅メーカなどでも
忙しくなってきているようで、
暇な時に他へ移った職人を呼び戻すのに
苦労しているみたいです。

先日の新聞に、消費税UPの駆け込みを無くすために
毎年1%づつ税率を上げる案が書かれていました。

それはそれで、事業者にとっては面倒過ぎます。
ここの現場は11%、ここは12%。工期が長い現場があれば、
あそこは10%など、税率が複数存在し、余計に混乱が起きるでしょう。

それでも決まった場合は従うしかないですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る