ブログ

事例749『階段、過度の傾斜』

県外の裁判に行って、夕方、名古屋に戻り
欠陥住宅の現場確認と打ち合わせ。

帰りがかなり遅くなったため、更新がぎりぎりになりました。

 

■(1)今回の事例______________

「階段、過度の傾斜」
_______________________
階段傾斜

◆写真解説

階段の段板が斜め。
目で見ても、歩いても分かる。

幅1Mの階段であれば、左右で1CMの高低差がある。

 

◆内容説明

珍しいケースに思えるかもしれませんが、
昨年2件、新築でこの事例があった。

普通、大工なら途中で傾斜に気付くはず。
やり直しが面倒なので、そのまま仕上げてしまった。
これを直すには、階段をやり替えないといけません。

 

◆対策

引き渡しを受ける前に、階段の傾斜もチェックをする。

新築住宅では、業者が親切にスリッパを用意してくれます。
確認に行ったとき、あえて素足で歩くと、傾斜などの
異変に気付くことがあります。

冬場は素足では寒いので、我々はワークマンで売っている
冬用の室内履きを履いています。
底が柔らかいので、床の不陸などを感じることができます。

 

==============================

■(2)編集後記

昔、違法建築を主に請け負う業者がいました。
違法の内容は主に、面積や高さオーバー。

意外と仕事の話はあったようですが、
役所に工事ストップを命じられたりして
最後は、倒産したようです。

建築士の処分や、確認申請でのチェックが厳しくなり
最近、違法建築をほとんど見かけなくなりました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る