ブログ

手抜きが横行している

外壁塗装の手抜きを連続して指摘しています。

塗装の手抜きで多いのは、
・下塗り、中塗り、上塗りの工程のうち中塗りを抜く。
・下塗り材の材料を安価なものに替える。
・平米あたりの材料を減らして施工する。

手を抜いても、それなりに仕上がってしまうためと、
素人が手抜きに気づくことが難しいため、手抜きが無くなりません。

昨年末、ある新築現場で、塗装の手抜きを指摘したところ、
現場監督がきちんと施工したと嘘を言いました。
最終的には、嘘を撤回させ、足場を掛け、塗装を再施工させました。

手を抜かれると、耐久性、美観、防水性能等に影響が出ます。
施工前に塗料名を聞き出し、施工工程などについて事前に調べて
材料の数量(塗料缶の数)、工程をチェックすると良いです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る