ブログ

事例762『軒天材が薄い』

消費税8%の駆け込みで一時、住宅業界は落ち込んでいましたが
今月は完成物件が多いようです。

引渡し、引っ越しなども今週、来週がピーク。
弊社は、先週あたりがピークでした。

 

■(1)今回の事例____________

「軒天材が薄い」
_____________________

軒天厚さ不足

◆写真解説

軒天材の厚さが薄い。
図面では60分準耐火構造として18mmを指定。
現場は14mmしかない。

 

◆内容説明

軒裏45分準耐火構造は、良くある例ですが、
60分準耐火構造は、共同住宅など一部に限られる。

そのため、職人が材料を間違えて手配してしまった。

厚さの不足は防火性能が不足し、基準法違反になる。

 

◆対策

工事中に材料の厚さを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

5年ほど前、建売住宅でいろいろ指摘を出したら
不動産屋がチンピラを立ててきた。

その時の名刺が出てきた。

意味が分からない役職。さらに、名前を見ると2人共、
絶対に本名ではない。
顔もかなり強面でしたが、名前も軍の名称など、
強いイメージのものから付けている。

今は、暴力団に対する規制が厳しいため
チンピラなどが出てくることは皆無です。

今この会社は、リフォームをメインに営業しているようです。
裏にチンピラが居るかは不明です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影