ブログ

現場監督の2面性

先週末、基礎完成・土台の検査に行った現場。
元請けではなく下請けの現場監督が立ち合いをした。

この監督、ため息を何度もついたり、大きな声で
仕事なんてやってられないみたいなことを言っていた。

まず、監督にジャンカの補修をお願いしたら、
「ジャンカなんて補修しないと行けないのか。問題あるのか」と反論してきた。

ジャンカ

(↑基礎のジャンカ)

どうやら、元請けから説明を受けていなかったらしい。
保険の検査員と間違えていたようです。
保険の検査は、業者が依頼するため、検査員は下請けになる。

私の立場を説明したら態度が急変した。その後、私が帰るまで非常におとなしく、
私に気を使うようになった。
これは水戸黄門のパターンと同じだと、あとになって思いました。

態度が変わる前を見ると、嫌々仕事をやっている感じです。
建築主であれば、そんな人に家を任せたくないですね。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影