ブログ

事例806「室内のカビ」

今朝は朝7時半から現場へ入らさせていただきました。
やや早いため、室内から検査を始め外部は後回し。

住宅の現場は、監督が常駐しないため
職人はバラバラに来ます。

一番早かったのはサイディング屋さん
7時ころに現場に入り、音が出ないよう
作業の準備をしていました。

 

■(1)今回の事例______________

「室内のカビ」
_______________________
マンションカビ

◆写真解説

マンションの室内に発生したカビ。
原因は大量の水蒸気が天井裏に入り込んでいた。

 

◆内容説明

マンションは断熱材の厚さを手抜きされやすい、
水蒸気を吸収するものが少ないなど、
もともと結露しやすい。

写真の現場は配管に漏れがあり、水蒸気がPS内から
天井裏まで充満、結露を起こしカビが発生した。

これだけのカビが生えると、胞子を吸い込んでしまい、
健康被害に直結します。

 

◆対策

部屋内の湿度を常に気にする。
異常を感じれば、専門家に相談をする。
(建築業者で結露のことがわかる人は少ない)

 

==============================

■(2)編集後記

名刺交換した業者から見解を求められることが稀にある。
「公平な立場で判断して欲しい」と言いながら
正確な情報がない場合が多い。

これでは見解の出しようがない。

ひどい業者は、情報をあまり出さず、見解の希望を伝えてくる。
もちろん、そんな依頼は無視します。

ごまかすことばかり考えていると、不動産業界はいつまで経っても
ブラックなイメージは払拭できません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る