ブログ

事例812「キッチンダクトの穴」

天気予報を見ていると明日からは雨続き。

最近、雨が多いため、雨漏り検査依頼が増えています。
すぐ来てほしいと依頼を受けても、
やや待っていただいている状態です。

 

■(1)今回の事例______________

「キッチンダクトの穴」
_______________________
ダクトの穴

◆写真解説

キッチンアルミダクトの穴。施工時に傷ついて穴があいた。
ここから排気が漏れ、天井裏で結露が起きた。

 

◆内容説明

結露が起きる原因を解明するため
天井の一部をめくり、天井裏を確認したときに発見。

デジタルで感度の良い湿度計を使い、
換気扇をON、OFFして湿度の変化を測定。
ダクトに穴があいていることを確信、場所を特定しました。

アルミ製のダクトは、簡単に穴があいてしまう。
穴があいても、天井裏などに隠れてしまえば
あとから見つけることは困難。

水蒸気や油、臭気などが天井裏などにこもってしまう。

 

◆対策

アルミ製ダクトは不燃材であっても耐火性能が低い。
今回の現場は、グラスウールによる防火被覆があるが、
鋼製のダクトを使用すれば、被覆も要らないし
穴があくことも防げる。

 

==============================

■(2)編集後記

自宅のユニットバスのお湯の出が、このところ不安定。
埋め込み式で、交換は容易ではないため
メーカーに問い合わせした。

返ってきた内容が、適合部品と取り換えのマニュアルの紹介。

ちょっとした部品交換は、出張費が高くなるため
自分で交換することを勧めているようです。

なかなか親切だと思いました。メーカーはINAX。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る