ブログ

事例844「雨漏りによる躯体腐朽」

今日は午後から東京で相談+会議。

今から帰ります。

 

■(1)今回の事例______________

「雨漏りによる躯体腐朽」
_______________________
雨漏りによる木の腐り
◆写真解説

2×4住宅。雨漏りによる躯体の腐朽。
気づくのが遅れ、腐朽が進行。

 

◆内容説明

モルタル塗りの外壁。
下地防水の施工が悪く、躯体の木まで雨が浸入。
新築から数年経過後に雨漏りに気づき
外壁をめくった写真。

 

◆対策

最近は雨漏りリスクから
通気層を取るモルタル仕上げが増えています。

 

==============================

■(2)編集後記

娘が前期の単位をいくつか落とし、
学校に呼ばれ先生に言ったことは
「わからない箇所を先生に聞いても教えてくれなかった」

内心は反省しているけど、表向き先生のせいにしている。

住宅紛争も同じ。
業者は悪いと分かっていても、認めてしまうと
お金が出ていくため、責任転嫁をする。

聞いてない。施主が指示した。
承諾してもらったなど。

工事途中、重要な部分は曖昧にせず
きちんと確認し、記録に残すことが大事です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る