ブログ

事例859「側根太が穴だらけ」

このところ毎週土曜日の午後は
弁護士を交えての打ち合わせ。

弁護士もあまり休みがない人が多いです。

 

■(1)今回の事例______________

「側根太が穴だらけ」
_______________________
側根太の孔
◆写真解説

2×4の側根太、空調のダクトが連続して貫通し穴だらけ。
これでは構造材としての耐力は期待できない。

 

◆内容説明

2×4は床根太に直接天井材を張るケースが多く
1階天井裏に配管を通すには根太に穴をあけないといけない。

設計での考慮がないと
ダクトを通すことが、構造より優先となり
写真のように穴だらけになる。

 

◆対策

木造住宅ではあまり行わないが、
設計時に設備の設計を行う。

特に全館空調や第1種換気にするときは、ダクトが多いため
天井を下げるか、貫通可能な集成の材料などにする。

 

==============================

■(2)編集後記

最近は法違反が明快であっても瑕疵と認定されない
地裁判決が増えていると弁護士が言ってました。

このような傾向が増えると、裁判もリスクが高すぎて
できなくなり、泣き寝入りが増える。

建築業界はリコールもないし、いろんな意味で業者に甘い。

横浜のマンション傾斜事件をきっかけに
流れが変わると良いですが。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影