ブログ

事例858「シーリング未施工」

午後からは分譲マンションの現場。

結露の原因特定、修理の確認を行っている現場ですが
やはり住人の方たちの話題は、横浜のマンションのニュース。

見たところ傾斜はありません。

 

■(1)今回の事例______________

「シーリング未施工」
_______________________
シーリング未施工
◆写真解説

木造住宅の外壁。シーリング未施工。
サイディング材のカットミスが原因。

 

◆内容説明

シーリング未施工は、通気層内への雨水の浸入、
サイディング小口付近の劣化の原因となる。

職人の採寸精度が悪い。
工事中カットミスが分かっても、わざわざ足場を下りて
カットし直すことは面倒なので行わない。

 

◆対策

2面接着及び、シーリング幅を確保する
片ハットジョイナーを使用させる。

ローコスト系では、この材料が省略されるケースが多い。

 

==============================

■(2)編集後記

新築完成時の弊社の検査で、危険な家であることが分かり
住むのを躊躇していたら、業者に鍵を取られ
住むことができないまま、裁判している家があります。

瑕疵内容はかなり悪質で、危険なものばかり。
裁判には勝つと思いますが、相手が抵抗しているため
長期化が予想されます。

そもそも、危険な家を建てても
建築士や業者が何の制裁を受けないことがおかしい。
(今後、行政に申し出れば建築士の処分はあるかもしれません)

現在は瑕疵保険の検査などがありますが、
重大な欠陥住宅はそれほど減っていません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る