ブログ

事例870「壁の断熱欠損」

「とくダネ」が取材に入った家は計3件。
1件目は3日、2件目が今日放送されました。

残る1件はお蔵入りしそうです。
事例としては相当悪いのですが、業者も弁護士も悪い。
撮影できる個所が限られてしまったが原因です。

 

■(1)今回の事例______________

「壁の断熱欠損」
_______________________

断熱欠損

◆写真解説

壁上部、断熱材の隙間。
グラスウールが梁下まで届いていない。

日が当たっている壁面、断熱材がない箇所は
内側の壁の温度が高い。

 

◆内容説明

赤外線サーモグラフィーカメラ画像。

建売住宅の完成検査で室内外を撮影、
壁の隙間を発見した。

下に写っているのは、24H換気の吸気口。

 

◆対策

室内側に張る防湿シートによって
目視確認では、断熱材が見えにくいことがある。

あやしい箇所は手で触るなどする。

 

==============================

■(2)編集後記

今日のとくダネで私のあとに紹介されていた
マンションの事件。
図面が2つあることを取り上げてられていた。

マンションの内覧立ち合いで、図面との不整合を指摘することがある。
この前も防音施工の不整合を指摘したところ、
施工会社の担当者が事務所に図面を取りに行き、
こっちが新しい図面で、図面どおりですと言ってきた。

コストダウンなどの目的から工事中に変更することがある。
この現場も変更点が多いため、図面は見るだけ、
コピーや写真を撮ってはいけないと言われた。

購入者に対し、図面開示できない。
隠していることが多いのでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影