ブログ

事例874「腐った柱」

慌ただしい1日でした。

それでも予定通り仕事が終わり、
少し気が楽になりました。

 

■(1)今回の事例______________

「腐った柱」
_______________________
腐った柱

◆写真解説

一部が腐って軟らかい柱。不良材料が混じった。
新築の工事中検査で発見。

 

◆内容説明

表面が腐朽し、軟らかくなった柱が数本納入された。

含水率を測ると一部は20%を超えている。
また、表面にカビが生えているものもあった。

乾燥材として納入されているはずの材料。
プレカット工場での検査がいい加減である。

新築でこの柱を使われ、怒らない施主はいないでしょう。

建築基準法に抵触する可能性もある。

建築基準法施行令第41条
構造耐力上主要な部分に使用する木材の品質は、節、腐れ、繊維の傾斜、
丸身等による耐力上の欠点がないものでなければならない。

 

◆対策

現場で検品をし、不良品は交換させる。

 

==============================

■(2)編集後記

今日新築検査に行った現場はひどかった。

瑕疵保険や社内検査のあとであるにも関わらず
施工ミス、未施工がたくさん。
現場は汚く、慌てて仕事をしている感じを受けました。

横浜のマンション傾斜事件同様、工期、コストが優先されると
品質がいい加減になる。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影