ブログ

事例896「断熱欠損」

正月休み明け、たくさんのご依頼、問い合わせ、相談依頼を
いただいております。

明日からの3連休も検査、相談でほとんど予定が埋まりました。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱欠損」
_______________________
天井断熱材浮き
◆写真解説

天井換気扇ダクト部分での大きな断熱欠損。
天井裏の普段見えない箇所。雑に施工されている。

 

◆内容説明

現在の省エネ基準で最高ランク家。
見えない箇所はお粗末な施工。

この家は有名メーカーの家です。
職人、監督などが断熱材の重要性を分かっていないため
このような施工になる。

写真で分かるように、最高等級と言っても
使用されている断熱材は薄い。
15年前の建売住宅と同じ仕様です。

日本の断熱基準は、諸外国に比べ高くない。
実際に住んでみて、これが省エネ住宅なのかと、
疑問に思う方が多い。

 

◆対策

断熱材は壁内、床下、屋根裏など、隠れた個所に施工するため
手を抜かれやすい。

施工時にチェックを行う。
床下、天井は、点検口があれば完成してからでも確認できる。

 

==============================

■(2)編集後記

汚い現場は、検査もやりにくい。
物はあちこちに散乱しているし、床もごみだらけ。
また、室内はほこりが充満している。

掃除をほとんどしないため、床下や壁内はごみだらけのまま
仕上げられていく。

どこの現場へ行ってもきれいなのは「住友林業」。
その他、地元工務店でもきれいにしている会社もある。

現場がきれいな会社は、仕事もきれいです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影