ブログ

事例921「基礎断熱材の欠落」

相手業者の代理人だった弁護士が横領で逮捕されました。

裁判で戦ったのは4,5年前。
個性的な人だったという印象があります。

戦った相手とはいえ、残念なニュースです。
横領が出来なような仕組み作りが必要だと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎断熱材の欠落」
_______________________
断熱欠損
◆写真解説

基礎断熱材の家。配管部分で断熱材が未施工。
結露や断熱性能低下などが懸念される。

 

◆内容説明

増える傾向にある基礎断熱。
外側はシロアリ被害の懸念があり、内側に施工するケースが多い。

配管の位置が基礎に近いと写真のように
断熱材が施工できない。

配管による欠損が懸念される場合は、
現場発泡でウレタンを吹くか
外側への施工を検討するなどした方が良い。

 

◆対策

床下で確認しずらい箇所。
床組前に欠損の有無を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

車での移動中、名古屋の分譲住宅メーカー、ウッドフレンズが
強い雨降りの中、建て方作業を行っているのを見ました。

製品はパネル化され、断熱材もくっついている。
乾かないまま、仕上げていくとカビが生えたりします。

分譲住宅のイメージが上がらないのは
大手の品質に対する意識が未だに低いからでしょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影