ブログ

雨漏り検査

午後から今シーズン初の雨漏り検査。
毎年、5月から9月は雨漏り検査が多い。

弊社に依頼がある雨漏り検査は、施工業者がお手上げした難題ばかり。
今日の現場も図面を見て、かなり難しいと予想し、検査に挑みました。

雨漏り検査は、最初に現場を見て原因を推定。
その後、水を掛ける箇所、角度、順番、時間などを決めます。

今日の現場は、一通り水掛を完了させても、原因が分からなかった。
外壁の構造から、頼りになると思っていた赤外線サーモグラフィーカメラも
雨漏りをとらえない。

雨漏り検査はこの状況になっても決してあきらめない。
1回目の作業で、多くの可能性が消えた。
再度よく考え、原因を絞り、次の作業に入る。
そして2度目の水掛け作業で原因を突き止めました。

今まで経験したことがない箇所からの雨漏りだったため、
1度目の水掛け作業の計画時に予見できなかった。
無事原因を発見できて良かったです。

費やした時間は3時間半。はしごの登り降りで疲れ
今晩は仕事ができません。

明日も雨漏り検査です。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影