ブログ

事例998「内部のジャンカ」

11月から忙しさがなかなか解消しません。

例年忘年会は4,5件参加しますが、今年は
かなり前に約束をした1件以外、断っています。

付き合いが悪い奴だと思われているでしょう。

 

■(1)今回の事例______________

「内部のジャンカ」
_______________________

内部ジャンカ

◆写真解説

基礎内部のジャンカ。
斫った破片を見ると内部も空洞が多い。
コンクリートの締め固めが悪い。

 

◆内容説明

基礎屋のミスで一部のコンクリートを斫った。
その破片が現場に放置されていたので確認すると空洞がたくさん。

コンクリートが密に打たれていない。
バイブレーターのかけ方が悪い。

内部のジャンカは、大きなもの以外は非破壊で調べることが不可能。
表面にジャンカが多ければ、内部のジャンカも疑った方が良い。

 

◆対策

腕の良い基礎屋を選ぶか、
コンクリートの打設に立ち会うしかない。

 

==============================

■(2)編集後記

最近、新築検査を依頼される方から、業者が私のことを知っている。
「つながっていますか」と聞かれることが多くなりました。

この仕事を15年、検査した現場が4000件を超えると
大手はもちろん、ある程度の規模の会社が私のことを認識している。

建築士やビルダー向けの雑誌やサイトに記事を投稿し
購読数が1番になることもあります。

このような事からも、業界での認識率が高いと思います。

 

来年3月には、日経新聞主催の建築・建材展において
私単独で3時間セミナーを東京ビックサイトで行います。

紛争や裁判は双方にとって良いものではありません。
業者向けに発信することで、住宅紛争を減らしたいと思っております。

紛争の仕事が激減し、第三者検査の重要が無くなれば
他にやりたいと思っている仕事にシフトします。

早くそういう日が来ることを願い、日々発信、業務を行っています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影