ブログ

瑕疵検査

今日は1日、欠陥検査。年度末のバタバタが今週一杯続く予定です。

中古住宅のインスペクションの普及で、民間インスペクターの認定をする団体が増えています。
弊社は現在、国の制度に関わる検査は行っていません。
もともと弊社が行っている中古住宅検査は、制度で求められている内容より、
かなり突っ込んだ内容の検査のため、その検査だけを求められると、検査が簡易になるからです。

インスペクションの資格があるからと、瑕疵検査を行ってしまう方がいる。
きちんとやれば構わないが、誤った判断をしているケースが多い。

昨日検査に行った家も、プロのインスペクターを名乗る人が、
おもちゃみたいな道具で検査し、瑕疵だと主張をした。

その判断がおかしいと疑問が出たため呼ばれた。
実際に1箇所確認してみると、その機械の判断は完全に間違っていた。
プロとして検査をするなら、高額でも道具くらいは揃えるべき。
中古インスペクションだけなら10万円ほどで道具が揃うが、
瑕疵検査になると数百万円の道具を揃えないといけない。

誤判断で迷惑が掛かるのは、依頼者と業者。
間違った検査判断のおかげで、かなり振り回され、弊社に行きついた。

その他、瑕疵にならない内容を瑕疵だと主張しているものもあった。
あとあと100%認められない内容を、瑕疵だと主張していくのも無駄。
依頼者の時間、お金を奪うだけです。

依頼者の顔色を伺い、判断に融通をきかすのは、結果として依頼者のためにならない。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影