ブログ

事例688『筋違補強の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日は誕生日で、たくさんのメッセージを頂きました。
ありがとうございます。
検査業務を始め10数年。この先を考え、
改善していく1年になりそうです。
■(1)今回の事例_________
「筋違補強の不備」
_________________
 
筋違切欠き
◆写真解説
90mm角の筋違のたすき掛け。
欠込み部に金物補強がなく、設計耐力が確保できない。
◆内容説明
90mm角の筋違を、たすき掛けにする場合、
通常、切欠きをしない限り収まらない。
(柱は105mm、120mmが一般的です)
「施行令第45条4 筋かいには、欠込みをしてはならない。
ただし、筋かいをたすき掛けにするためにやむを得ない
場合において、必要な補強を行なつたときは、この限りでない」
法律にも明記されているように、
中央部の切欠き部に金物補強が必要です。
金物補強をしないと、切欠き部で破壊しやすい。
◆対策
たまたま、露出していて発覚した例です。
隠れる前にチェックをする。
======================
■(2)編集後記
大成建設の社員が下請け業者に架空発注をし、
自分の経営する会社に還流させていた
というニュースが昨日ありました。
建築業界でこのような話は珍しくありません。
ただ最近は大手ほど、お金の扱いが厳しく、
1円たりとも不正な発注ができないようになっています。
そのため、現場でミスが起こり、
弊社に業者から振り込みがある場合は、手続きが
かなり難しいようです。

事例684『床組の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
2日続けて長久手市でゲリラ豪雨にあいました。
今日は建物周囲に15CMくらいの
水たまりができ、短めの長靴の上から
もう少しで水が入ることろでした。
水たまり
■(1)今回の事例________
「床組の不備」
________________
 
床組の不備
◆写真解説
施工不備で床がたわみ、補強を入れた。
古い家ではありません。新築です。
◆内容説明
床に重たいものを置くために
補強しているわけではありません。
根太の受けが遠いため、床がたわみ
中間で支えを入れたようです。
応急的な施工のため
将来的にずれて、床がたわむ可能性があります。
◆対策
床下で何か隠されているかもしれません。
業者側でない人に点検してもらう。
======================
■(2)編集後記
重要な書類の作成と現場予定が多く
今週は、時間に余裕がありませんでした。
時間に余裕がないときは、
優先順位の低いものを、完全に放棄します。
例えば、初めて電話をかけてきて
相談があるから折り返し電話が欲しいとかなど。
予定にない30分くらいの電話時間でも
詰まったスケジュールを狂わせます。
ただし、業務を依頼中の人は例外で、
何かあれば、すぐにでも時間を取ります。
新築検査など検査依頼中の方は
遠慮せずにご相談ください。

事例683『屋根合板の釘の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
出張疲れが残っていたので
午後からの弁護士との打ち合わせは電車で移動。
車なら40分かかるところ、電車は20分。
時間も節約できました。
■(1)今回の事例_________
「屋根合板の釘の不備」
_________________
 
屋根合板釘
 
◆写真解説
屋根合板の釘が外れている。
それもNGですが、釘が構造でないこともNGです。
◆内容説明
屋根は床などと同様に構造部分です。
合板の留め付けは、構造用の釘を使用すべきですが
構造用でない細い釘が使われています。
これでは屋根の耐力が弱いです。
構造検査に行くと、屋根は仕上っていることが多い。
そのため、釘のチェックはできません。
今回のように打ちはずしていると、
釘の種類が分かります。
◆対策
構造部分には「構造用の釘」を使うことを徹底させる。
===================
■(2)編集後記
仕事柄、プライバシーに気を使うため
仕事でどこに行った、何をしたとか、具体的なことを
SNSに投稿しないようにしています。
他人の投稿は、隙間時間に見ています。
建築関係者の投稿で、たまに気になるのは、
瑕疵が写った写真を投稿している人がいます。
普通、お客さんが気づくことはないのでいいようなもの。
自社をアピールするつもりが、欠陥写真を公開しています。

事例680『鉄骨の接合不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
新築検査で業者さんと話をしていると、
新規の受注は大手ほど落ち込んでいるようです。
数ヶ月先は、職人さんも落ち着いてくるかもしれません。
■(1)今回の事例_________
「鉄骨の接合不備」
_________________
 
鉄骨接合不備
 
◆写真解説
鉄骨造、梁と柱の接合部の不備。
柱の凸部(ダイアフラム)に梁を接合するつもりがずれている。
◆内容説明
鉄骨造において、接合部の溶接は非常に重要です。
今回の写真は、梁が斜めに取り付くため寸法を間違え、
本来接合する位置に付かなかった。当然、強度は弱い。
(専門的な詳しい解説は省略します)
現場で溶接していないので、
工場で不備に気づき、造りかえるべきものです。
◆対策
品質がいまいちな鉄骨製作工場もあります。
隠れてしまう前に、鉄骨の検査を行う。
=======================
■(2)編集後記
いろいろ調べても、4年間原因が分からないという
雨漏りの検査に行ってきました。
現場を見て、これは怪しいと思った箇所を発見。
順を追って調査した結果、やはりそこが原因でした。
雨漏り検査のコツですが、
目に見えない壁内の構造を思い浮かべる。
(これはプロしか無理です)
いくつか原因の予想をする。
あとは、シンプルに考える。
欠陥検査と共通するところが意外と多いです。

耐震等級を信用してはいけない 

躯体検査に行った現場。
耐震等級3(最高等級)で設計されている部分に疑問がわいた。
耐震等級計算は、壁だけでなく水平構面の計算も行います。
2階の床は、単体で計算するのに、
屋根と2階天井(小屋梁)部分は合算して計算する。
屋根、小屋
(写真は本文の現場と関係ありません)
検査した現場は、屋根だけが頑丈で、小屋梁の水平構面が柔い。
合算での計算なので、これでもOKになりますが、
屋根だけが頑丈でも、その下が弱ければ意味がありません。
耐震等級計算をしているのは、工務店の下請けで
こればかり専門にやっている会社。
安全率を見るよりは、ぎりぎり設計したほうが
経済的なので工務店からは喜ばれる。
工務店も計算の中身を検証するのが面倒なので
出されたものを、そのまま疑いもなく施工する。
連休前に欠陥検査に行った現場も、
長期優良住宅で耐震等級3でした。
計算書をチェックしましたが、ほとんどの部分で
安全率がほとんどなく、ぎりぎり設計。
耐震等級を取らない家よりは、強いでしょうけど
期待するより、強くない可能性が高いです。
計算上OKが出ているものでも、おかしいと思うことは
検査で意見を付けています。

事例675『間柱の釘の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
連休中、雨の日もありましたが
組んだ予定を遂行できました。
疲れがやや残っていますが、
いい気分転換になりました。
■(1)今回の事例_________
「間柱の釘の不備」
_________________
 
間柱の釘
 
◆写真解説
間柱を固定する釘。構造用でない釘が使われている。
本来、構造用の釘N75を2本打ちしないといけない。
◆内容説明
以前、紛争相手の業者側から
間柱は構造上主要な部分ではないので、
固定方法は自由だという反論がありました。
柱に比べれば、確かに役割は少ないでしょう。
荷重は受けなくても、筋違の変形を抑えたり、
構造用面材をとめたり、外壁、内壁材を受けたりするので、
構造に関係ないことはありません。
構造用面材の大臣認定内容に
間柱はN75、2本打ちとなっているものもあります。
構造部分に構造釘を使う必要があることを、
一部の業者は認識していません。
構造用の釘かどうかは、
釘頭、胴部の径を見れは分かります。
◆対策
躯体組み立て時に、釘をチェックする。
=====================
■(2)編集後記
新築検査依頼の方へ、30分の無料面談を行っています。
時間は30分に設定していますが、平均は1時間。
もちろん追加料金はいただいておりません。
検査の説明が主ですが、図面などを見て、
トラブルになりそうなことをアドバイスしていきます。
だいたい、間違えやすい、トラブルになりやすいことは
決まっています。
事前に業者へ注意を与えることで
トラブルを減らすことができます。

事例673『たて枠(柱)の位置ズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の瑕疵検査は計8時間かかりました。
午前中だけで疲れ果て、2日に分けたい気持ちになりましたが
何とか1日で終わらせることができました。
「家がおかしいと素人が感じたら、
必ず大きな問題が発覚します」
今日の現場もそうでした。
■(1)今回の事例__________
「たて枠(柱)の位置ズレ」
__________________
 
梁補強
 
◆写真解説
2×4。床梁を受けるたて枠(柱)の位置がずれている。
本来、梁の真下にないといけない。
◆内容説明
約450mm間隔でたて枠(柱)が入っているが、
大きな力がかかる梁下へは、さらに梁幅と同じ幅の
たて枠を入れ、力を受ける必要がある。
図面上で、見落としがちな事項。
躯体が組みあがってから現場で気づいた場合でも、
あとから入れることは可能です。
◆対策
躯体検査時のチェック項目で
梁下を注意して見る。
=================
■(2)編集後記
検査中は非常に集中しています。
頭の中で、これのどこを見て、次は・・など、
考えることがいっぱい。
意外と現場の騒音は、集中力に影響ありません。
最も集中力が切れるのは、「話しかけられること」
その次に「付いて歩かれ、独り言が聞こえてしまうケース」
これらを依頼者が知らず知らずのうちに
やっているケースがあります。
はっきり言いにくいため、態度で分かるように
信号を送っていますが、気づいてもらえないケースが多いです。
集中力を欠くと見落とす可能性が高くなります。
検査に集中するため、できるだけ検査中は
ひとりにさせてください。

耐震等級3相当?

こんな図面表示をよく見かける。

{8B53EEC6-F0FA-4A85-9CC0-7C649B721ACC:01}

『相当』

 言葉の意味を深く考えると、無責任な表示です。耐震性に対する性能表示に使うには、違和感を感じます。
耐震等級3を計算によって確かめず、多分3だろうという思い込みからの表示でしょう。
耐震等級は1、2、3の3段階で、3が最高。
相当や簡易チェック済みという表示では、あとで計算し、性能がなくても責任は問えません。また、地震保険の割引なども適用されません。

事例669『気密パッキンのずれ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
明日、事務所の引っ越しです。
荷造りしたため、仕事ができる環境ではありません。
明日の午前中は、電話工事のため
電話が不通になります。
尚、電話番号の変更はございません。
■(1)今回の事例_________
「気密パッキンのずれ」
_________________
 
基礎パッキン
◆写真解説
基礎パッキン(気密タイプ)が大きくずれている。
すでに躯体が載っているので動かない。
構造面、気密確保の面で問題あり。
◆内容説明
基礎パッキンは施工時にずれやすい。
気を使って施工しないと、写真のようになります。
以前も同様の事例があり、
施主さんが怒り、大工をクビにした。
基礎パッキンをきちんと敷けないなら
今後の工事も雑に施工されると判断したようです。
◆対策
床組時にチェックをする。
======================
■(2)編集後記
仕上げがあまりにもひどいという家を
検査してきました。
確かに、大工とクロス屋が下手。
壁は曲がっているし、そこらじゅう傷、隙間だらけ。
検査に立ち会った大工は、
「これでも、一生懸命やっている」と逆切れ。
プロである以上、結果が大事で、
一生懸命やれば許されるというものではない。
仕上げがひどい現場は、いろいろ欠陥がある。
調べていくと、重大な防火違反なども発見した。
こういう職人は暇になれば、真っ先に仕事がなくなるでしょう。

事例667『収縮目地の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
建築業者さんから「欠陥事例、参考になります」
というメッセ―ジをたくさんいただいています。
年間100件手掛ける業者が、間違いに気づけば
年100件の欠陥が減ります。
これからもたくさんの事例を出し続けます。
■(1)今回の事例_________
「収縮目地の不備」
_________________
 
マンション目地
◆写真解説
マンションタイル外壁の収縮調整目地の厚さが
5mmほどしかない。(本来+20㎜ほど必要)
下地壁の目地と同一位置にないため、
各所でひび割れが起きている。
◆内容説明
建築工事標準仕様書・同解説 JASS19 
陶磁器質タイル張り工事  日本建築学会には
タイル張り面の収縮調整目地は、ひび割れ誘発目地、
水平打ち継ぎ目地、構造スリットおよびモルタル
下地壁の収縮目地と一致させるとある。
JASS
目地が一致してなければ、躯体のひび割れを
目地で処理できない。
タイルのひび割れ、浮きは大規模修繕で修理対象です。
施工ミスを、住人が負担し直しているマンションがほとんどです。
◆対策
マンションは通常、工事中のチェックができません。
保証のあるうちに不備を見つけ
売主、施工業者へ修理を求める。
=====================
■(2)編集後記
新築マンションの完成検査。
今度行うところは、地下ピットや屋上まで、
見せていただく了解を取りました。
最近、いろいろ新築マンションの不備が出ているので
オープンにしないと怪しまれると売主も思ったようです。
ただ、ここまで要求する検査会社は皆無。
普通は仕上げしかチェックしません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る