ブログ

事例735『土台のカビ』

今日、県外での裁判が延期になり、予定を組み変え
現場をフルに回ってきました。

事故渋滞などにもはまり、事務所に戻ったのは20時。

連絡希望がいくつか入っていますが、
今から書類を書かないといけないので
メール以外は明日以降の対応になります。

(この本文は早朝に原稿を書いています)

 
■(1)今回の事例______________

「土台のカビ」
_______________________
土台のカビ
◆写真解説

土台のカビ。床下の湿気が原因で大量のカビが土台に発生。

 
◆内容説明

住宅の省エネ化で、気密の高い家が増えています。

床下を換気しない基礎断熱の家も増えていて、
計画換気などで、床下の湿気を対処しないと
カビなどが発生することがあります。

ただ、計画換気が動くのは電気が通ってから。
雨に濡れたまま床を密閉してしまうと、工事中にカビが生えます。

 
◆対策

床下を換気しない場合は、機械換気などで湿気対策をする。

定期的に床下を点検する。

 

==============================

■(2)編集後記
数ヶ月前に欠陥検査した家の近くを、たまたま通りました。

引渡し前のタイミングでの検査。かなり重大な欠陥があることが分かり、
それを知った業者がカギをかけたため、
施主さんは今でも、家に入ることができません。

 

住むのに危険な家ですが、自分の家に自由に入れない。
非常におかしな話です。
裁判が終わるまで、壊すこともできない。
安全な新居に住めるのは、数年先になりそうです。

事例733『柱の寸足らず』

今週から急に寒くなりました。

長野方面へ行く予定があり、
週の初めにスタッドレスタイヤを注文しましたが、
品物が来るのが来週になるようです。

毎年の事ですが、ぎりぎりになって
いつも慌てています。

 
■(1)今回の事例___________

「柱の寸足らず」
____________________

柱短い
◆写真解説

柱が短く、梁に届いていない。
これでは柱へ荷重が伝わらない。

 
◆内容説明

昔の建物ではありません。今年の新築現場の写真です。

柱、梁、合板で壁パネルを構成する、この会社のオリジナル工法。
職人の手加工であっても、これだけの寸足らずは珍しい。

耐力壁も構成しているため、柱、梁が離れていれば
所定の耐力は期待できません。

また、断熱材も空いています。

 

◆対策

瑕疵保険などの検査で指摘を受けず、
完成後の瑕疵検査で弊社が発見しました。

今回の例は、素人でも見れば分かります。
工事中に全体を細かくチェックする。

 

==========================

■(2)編集後記

規模が大きな会社になると「お客さまセンター」
という部署があります。

名前からして、お客さんのための部署に聞こえてしまいますが
クレーム処理専門部署です。
淡々とした対応は機械的で、お客さんが怒ることも珍しくないです。

 

住宅は、完成したらサービスを一切行わない会社がほとんど。
全てのクレームに対しYESと言っていたら、
お金がどれだけあっても足りません。

構造、雨漏り以外は1,2年で保証が切れます。
保証があるうちに不具合を申し出ることが大事です。

事例731『エアコン配管孔、柱を貫通』

工事の遅れている現場が多い。
本日、完成検査に行く現場も、明日が引渡しのようです。

かなり無理がある工程を組んでいるようです。
いろいろ不備が出なければよいですが。

 
■(1)今回の事例__________

「エアコン配管孔、柱を貫通」
___________________
柱欠損
◆写真解説

エアコン業者による柱と耐力面材への孔あけ。
仕上げを撤去した写真。

 
◆内容説明

引き渡し後にエアコンを取り付けた。

普通、柱や筋違の位置を図面などで確認し孔を開けます。
この現場は、計算をミスしたため柱を抜いて
しまったのでしょう。

職人が孔をあける時、柱に当たれば当然分かります。
気づいた時点で仕上げに傷が付くため
やり直しをせず、隠し通すパターンが多い。

柱は幅の3分の1までの切欠きはOKです。
(基準法施行令第43条)

◆対策

配管スリーブをあらかじめ入れておく。

=========================

■(2)編集後記

 
非通知で、名前も名乗らない電話相談。
匿名のメール相談。

これらには一切、お答えいたしません。

 
こちらは名前を知りたい訳ではありません。
業者なのか個人なのか、分からない相手に
貴重な情報を出すことはリスクがあります。

事例728『梁に大量の穴』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
ホームページのリニューアルに伴い、
毎週火、金に更新している「欠陥写真」の新規追加と、
欠陥事例の掲載を今回で一時ストップします。
来週1週間程度の中断と予想しています。
また、ブログの方も「アメブロ」から「ワードプレス」へ移行します。
新たに移行する際は、ブログ上で時期をお知らせします。
■(1)今回の事例_________
「梁に大量の穴」
_________________
 
梁開口
 
◆写真解説
20CMほどの高さの梁に集中して7ヶも穴があいている。
構造材であり、NGな施工。
◆内容説明
2×4の梁、床根太は、規定どおりであれば
穴をあけること自体はOKです。
今回の例は、建築の構造に詳しくなくても、
これはダメだと想像がつくはずです。
7ヶ所もあけず、1ヶ所、規定範囲の大きな穴をあけて
まとめて配線を通せばよい。
◆対策
完成してしまうと見えない部分。
工事中のチェックが重要です。
=======================
■(2)編集後記
消費税8%の駆け込みによる「職人不足」が原因の
欠陥住宅の相談が今週もありました。
未熟又は専門でない職人による施工です。
過去、ハウスメーカーにいた時も、職人不足の時がありました。
まだ私が新人の頃で、上司が職人を探すのに必死でした。
仕方なく、日雇い労働者を集め、基礎工事をさせたこともありました。
出来た基礎は、ガタガタ。見栄えの悪い箇所はすぐに補修し
工事を進めました。
消費税10%が先送りされそうです。次の駆け込みで
被害に会わないように気を付けましょう。

事例727『2階床の下がり』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
検査中の現場で、監督の髪の毛に接着剤が付いた。
接着剤を取るには髪を切るか、
シンナーで取るしかないそうです。
接着剤、木のヤニ、固まる前のウレタン断熱材は
髪の毛や服に付くと厄介です。
現場へ行くときは、気を付けてください。
■(1)今回の事例_________
「2階床の下がり」
_________________
 
2階床の下がり
 
 
◆写真解説
新築後すぐに2階の床が下がり、窓下などに隙間ができた。
躯体に未乾燥の材木を使用。変形が大きいことが原因。
◆内容説明
未乾燥材は乾燥する過程で縮みます。
また、経年変化による梁のたわみ量も乾燥材の約2倍。
よって、床などの変形が大きくなる。
窓下の隙間以外に、床の傾斜がきついなどの
症状が出ています。
大工さんが材料を調達し、手加工する場合に
未乾燥材が使われることがあります。
原則、未乾燥材を構造部分に使ってはいけません。
◆対策
材木の種類などを事前に確認する。
========================
■(2)編集後記
新築住宅の受注額。大手ハウスメーカーは消費税8%の
駆け込みの影響で1年間、前年同月比を下回っていました。
昨年10月から受注の落ちこみが始まったため、
先月はようやくプラスに転じる会社が出てきたようです。
駆け込みによる工事集中で、職人がいなく、
プロでない職人の施工による欠陥住宅が造られたケースが
たくさんあります。
本当は、閑散期に建てるのが一番良いです。

事例725『鉄筋同士のあき不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
消費税が10%に上がるのか、延期なのか
論議が活発になっています。
住宅業界は8%後の落ち込みが激しい。
そのため、10%に上がって欲しいという期待と、
上がれば上がったで、また落ち込みがあるため
どちらがいいとは言えない状況だと思います。
■(1)今回の事例__________
「鉄筋同士のあき不足」
__________________
 
鉄筋あき
◆写真解説
鉄筋同士のあき不足は、付着強度、ひび割れ、
コンクリート打設不良などに影響する。
この現場では32mmのあきが必要。
◆内容説明
長期優良住宅などで、基礎の上に広い開口部が
来る場合、主筋に沿わせ補強筋を入れることがある。
職人さんが規定を知らないと、
写真のように近接して鉄筋を施工してしまう。
鉄筋同士には適切なあきが必要。
異形鉄筋あきは、以下の3つのうち
最も大きい数字を確保する必要がある。
・呼び名の1.5倍・・・D13なら19.5㎜
・粗骨材最大寸法の1.25倍・・・25㎜なら32㎜、20㎜なら25㎜
・25㎜
(JASS5の規定)
◆対策
コンクリートを打設する前に検査をする。
======================
■(2)編集後記
欠陥住宅紛争の相手の会社が、事務所から15分くらいのところにある。
ホームページを見ると、家の完成写真がきれいに載っています。
その他、完成したお客さんへのインタビューなどイメージを
よく見せるように作られている印象です。
ホームページだけでは会社の裏側は分かりません。
社員は真面目ですが、仕事に対する士気が低く、
改善する気がない人たちばかりです。
ホームページに騙されてはいけません。
実際に担当するスタッフ、職人を見極めましょう。

事例722『床合板耐力不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今晩放送のドラマ「女はそれを許さない」で
私が撮影した写真が使われる予定。
ドラマはほとんど見ませんし、
打ち合わせも簡単だったため、
どんな風に使われるのか分かりません。
時間があれば、チェックしたいと思ます。
■(1)今回の事例________
「床合板耐力不足」
________________
 
床合板不備
 
今回は
772番の写真です。
 https://www.ie-kensa.com/kekanphoto2.html
 
◆写真解説
今回、素人の方にはやや難しい内容です。
2階床合板の不備。耐震等級計算では
バルコニー下を含め24mm合板4周釘打ち。
バルコニー下は剛床でない
(根太を使用し梁に直接合板を施工しない)、
合板端に釘打ちがないなどの施工ミスにより、
床剛性が設計どおりでない。
◆内容説明
耐震等級2,3を取る場合、床剛性の計算が必要になる。
写真は長期優良住宅を申請した耐震等級2の家。
床剛性が高いほど耐震性能は上がります。
現場の人たちが耐震等級の施工方法を知らないケースが多い。
最近でも、釘未施工や構造用でない釘を使用するなどの
ミスが目立ちます。
◆対策
今回の件の施工が間違っていても
中間検査では指摘を受けないでしょう。
瑕疵保険検査でも指摘を受けない可能性が高い。
仕上がると見えないため、構造検査時のチェックが重要です。
==========================
■(2)編集後記
アイダ設計が産廃処理を無許可業者に依頼したとして
書類送検されました。
アイダ設計はローコストメーカーの中でも
特に低コストを強調し宣伝している業者。
下請けがやったことですが、安いだけの業者に発注すれば、
このようなリスクはあるはずです。
ローコストメーカーは管理人員が極端に少ない。
(安さの理由でもあります)
社員一人あたりの仕事量も多いので、いちいち許可業者かどうか
チェックする体制はないでしょう。

事例721『梁の穴あけ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週は雨が続くようで、検査予定も動きそうです。
今週末前後の予定がなかなか確定できません。
■(1)今回の事例__________
「梁の穴あけ」
__________________
 
梁穴
◆写真解説
2階のキッチン排水管を通すため、
床梁に大きな穴をあけた。
2×4では上下端から5CM以内の穴あけは
強度の面からNG。
◆内容説明
梁の上下端の開口や切欠きは、耐力上の弱点となります。
木造住宅で配管位置等を事前に計画するケースは少ない。
ほとんどは、現場任せ。
梁せいの真ん中あたりに穴をあければ良いのですが
排水管は勾配に合わせ穴をあけるため、NGな箇所に
開けてしまうことがあります。
(写真は、配管を上にあげると勾配が取れない)
◆対策
設計の段階で配管経路を決める。
====================
■(2)編集後記
このところマンションの大規模修繕をよく目にします。
あちらこちらで足場がかかっています。
定期的なメンテナンスが強制的に行われるので
劣化を防ぐには有効です。
事務所も先週末、配管の掃除が入りました。
私は来客中だったため作業を見ていませんが
5分くらいで終わったようです。
戸建はメンテナンスをしない家がほとんど。
外部を中心にメンテナンスをしていけば
家は長持ちします。

事例720『床合板釘打ち不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
いろいろやっていたら、
日付が変わるぎりぎりの更新になってしまいました。
■(1)今回の事例_________
「床合板釘打ち不備」
_________________
 
床合板釘
 
◆写真解説
床合板端部の釘打ち。正規の位置から大きく外れ、
ジョイント部に釘を打っている。
固定が不十分な状態。
◆内容説明
木造の床合板の釘打ち不備。
急いで釘を打つと、このように外れやすい。
現在の木造住宅は、厚さ24mmか28mmの合板を
梁に直接打ちつけ、床面の剛性を確保しています。
2階建ての構造計算が不要な建物では
床の剛性は検討しませんが、
きちんと釘打ちされていないと、耐震性が劣ります。
今回の件は、構造検査に行くと多い指摘です。
◆対策
フローリングを張ってしまうと確認できません。
構造検査時に、全数チェックをする。
======================
■(2)編集後記
太陽光発電の買い取りについて
買い取り価格の大幅引き下げ。
買い取り中断などがニュースで取り上げられています。
いくつかの住宅メーカーが太陽光発電の買い取り収入で
ローンを減らすみたいなことを宣伝してます。
将来的なリスクは、メーカーは負いません。
損をするのは、自分自身です。
得する話にはリスクがあります。

事例716『壁が高い』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
台風の進路予想を見ますと
月曜日あたり東海地方を直撃しそうです。
雨に濡れた後、天気が回復してもシートを取らない
横着な監督、職人がいます。
濡れたら早期に乾燥をさせないと
カビ、腐朽の原因になります。
■(1)今回の事例__________
「壁が高い」
__________________
 
筋違い起き
 
◆写真解説
筋違いによる耐力壁の高さが幅に比べ高い。
(赤色部。青色部が通常)
事例714で説明したとおり、幅が900mm以上あっても
高さが4M近くあると所定の耐力が望めない。
◆内容説明
2つ前の事例で説明しましたが、
筋違いによる耐力壁の幅、高さの比率は、
構造計算などの本に「柱間900mm以上、かつ、
高さと幅の比が3.5以下」と記載があります。
耐力壁の幅が910㎜の場合、高さは3185㎜まで。
写真は4M近く高さがあるため、
筋違いが起きてしまい、NGです。
◆対策
図面の段階でチェックをする。
筋違いでクリアしない場合は、面材を検討する。
面材は幅に対し高さは5倍までOK。
=====================
■(2)編集後記
たくさんの業者の方から、欠陥事例は参考になるとの
声を頂いております。
他人の現場の事は勉強になると思います。
ひどい例をたくさんストックしています。
紹介できるものから順番に出していきます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る