ブログ

事例820「基礎人通口、補強筋未施工」

これから家を建てる人向けにミニセミナーを行ってきました。

主催は工務店。欠陥事例や、こんな業者は危ないという話をするので、
営業、設計、施工に自信があるのでしょう。

新築検査で多くの業者と知り合います。
また工務店向けの雑誌に基準の解説を出筆していることなどもあり
業者からの依頼も時々あります。

意に反する指示がある場合は、仕事をお断りしています。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎人通口、補強筋未施工」
_______________________
人通口補強筋

◆写真解説

人が点検のために通る基礎の人通口。
大きな開口で耐力上の欠点となる。
図面で指示された補強筋が未施工。

 

◆内容説明

床下を点検できるよう、基礎の立ち上がりに人通口を設ける。

基準法などで規定がないため、構造の知識が薄い建築士が設計をすると
好き勝手な位置に開けられたり、補強筋を入れない現場もある。

本来、1階の耐力壁の位置を考慮し、位置や補強を決める必要がある。

 

◆対策

補強筋に関しては、配筋検査でチェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

二級建築施工管理技士の資格だけを持つA氏。

依頼者はA氏が一級建築士であると信じ込み検査業務を依頼。
しかし、実際は建築士の資格はなく、また知識もあまりないため、
重要な判断が間違っていた。

その結果、業者との話がよりこじれてしまった。

この人、罪にならないよう、名刺などに資格の記載をしていない。
口頭や雰囲気で信じ込ませたようです。

資格の有無は、名刺やHPで確認し、
怪しと思えば、免許証の提示を求めましょう。

事例819「屋根荷重による2階床の傾斜」

欠陥事例はメルマガでも配信しています。

まぐまぐが明日の朝までメンテナンスのため
今回の記事は、ブログだけの配信です。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根荷重による2階床の傾斜」
_______________________
床の傾斜
◆写真解説

2階床の傾斜(9/1000)。原因は屋根荷重がかかる2階床梁がたわんだ。
1階の天井にも亀裂が発生している。

 

◆内容説明

1階が広いLDK。壁が少ないため、梁が長くなる。
構造計算書を確認すると、ぎりぎりの梁せい(高さ)を選択。

意匠優先の設計では、構造が犠牲になることが多い。

構造計算では一応OKが出ている。
屋根荷重が計算値より重いか、梁の耐力が弱かったため
梁がたわみ、床が下がったと思われる。

 

◆対策

この件に関しては、建築士を信頼するしかありません。
確認は、完成時など床の水平を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

神や運命など信じないほうですが、検査をしていて
たまに「そういうこともあるのかな」と思うことがある。

ちょっとしたことがきっかけで、検査を依頼。
検査に入り、もっと重大な瑕疵が見つかった時にそう思います。

例えば、
・雨漏り検査の依頼を受けて、家の沈下を発見。
・断熱材の不備がきっけけで検査に入り、構造の重大な瑕疵を発見。
・ジャンカがきっかけで検査に入り、建物の配置のずれを発見。

大きな瑕疵を知らせるために、目に付きやすいミスが生じる。
小さな問題はシグナルを出しているのかもしれません。

そんなシグナルを見過ごしている方が大半だと思います。
家に疑いが生じたら、検査を入れることをお勧めします。

事例805「筋かい、数本欠落」

事務所前の名鉄高架工事。
昨晩は夜間工事をしていました。

0時ころ事務所を出ると、駐車場まで行く道が通行止め。
かなり遠回りをして車までたどり着きました。

 

■(1)今回の事例______________

「筋かい、数本欠落」
_______________________
筋交い

◆写真解説

筋かいの欠落。図面に記載がある個所に筋かいがない。
写真は完成した建物において非破壊で筋かいを確認しているところ。
(筋かいありの画像)

 

◆内容説明

先月検査に行った現場で筋かいが5本ほど入っていなかった。
これだけの数を入れ忘れると、耐力が基準法の基準を下回る可能性が高い。

外壁が日に当たっているなどの条件が揃えば、壁を壊さなくても
赤外線サーモグラフィーカメラで壁内の筋かいを確認することができる。

昔は筋かいが減らされている現場がたくさんあったが、最近では珍しい。
現在は中間検査や瑕疵保険の検査があるため、
筋かいの入れ忘れは減っています。

ただ、未だに中間検査がない地域もありますし、
瑕疵保険の検査で現場をぐるっと見て、図面も開かない
検査員もいるため、100%ないとは言えません。

 

◆対策

躯体組み立て時に筋かいを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

鉄道が趣味ではありませんが、名鉄の高架工事で
どうやって電車を営業させながら高架を造っていくのか興味があります。

仮設の線路は1本。余分なスペースはほとんどない。
高架と既存をどうやって切り替えていくのか疑問です。

騒音でうるさい日が多いですが、完成が楽しみです。

事例803『壁開口の放置』

夕方帰国しました。
明日からは通常どおり仕事を行います。

 

■(1)今回の事例______________

「壁開口の放置」
_______________________
鉄筋露出

◆写真解説

築20年超の鉄筋コンクリート造の建物。
壁の上部にコンクリートが充填されていない。
鉄筋は埃で覆われている。

 

◆内容説明

普段目線に入らない壁の上部を確認すると
壁に開口があり、鉄筋が露出している。

室内壁で水に濡れないため、鉄筋の腐食はわずか。
この開口は、設備配管を通すためのものだと思われる。

築年数が古く、最初から開口があいていたのか
削られたものなのかは不明。

 

◆対策

目に見えない箇所は、不備が放置されやすい。
確認可能な範囲は全てチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

海外で宿泊したホテル、2ヶ所共20階を超える建物。

外観を見ると、ひび割れの多さが目に付く。
また、工事中の現場を見ると梁が小さい。
地震が無い国では、これが普通なのでしょう。

建物の質に関係なく、不動産価格は上昇しているようです。
現地でビルの値段、賃料を調べたところ
名古屋より高いものが結構ありました。

事例800『筋かいの切断』

このところ早出が続いています。

夏至の頃に比べますと日の出も遅くなり、
起きる頃にはまだ暗いです。

明日も早出です。早めに寝ようと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「筋かいの切断」
_______________________
筋かい切断

◆写真解説

配管と筋かいが干渉。
配管を優先し筋かいを切断した。天井点検口から発見。

 

◆内容説明

設備と構造。どちらを優先するか、現場でよく起きる問題です。

通常、構造が先に施工される。その後、設備の施工。
設備も家にとって必要な物なので、無くすわけにはいかない。

構造と干渉することが分かってから位置を変更すると
やりかえなどが生じるため、強引に構造を傷めてしまうケースが多い。

天井裏など、普段見えない箇所では、こういった施工は珍しくない。

 

◆対策

設計時に設備配管の経路、納まりを決める。
工事中、まめに現場を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

現場からの帰り、車の外気温計に注目していました。

豊川インターあたりで34度。
岡崎インターあたりで36度。

豊田ジャンクションあたりは、曇り+風が強く33度。
名古屋インターで豊田と同じ天候でも36度。

事務所のある名古屋東部は、東へ30KMほど行くと
暑いことで有名な岐阜県多治見市があります。
地形的に暑くなりやすい地域なのでしょうか。

事例799『合板の湿気』

ここ数日、書類に追われています。
今月はお盆休みがあるため月刊誌の原稿締切も早い。

やり残すと夏休みが無くなるため
計画的に終わらせるつもりです。

 

■(1)今回の事例______________

「合板の湿気」
_______________________
合板含水率

◆写真解説

濡れた床合板の含水率を測ると47.5%もある。
乾かないまま仕上げてしまうとカビが生える恐れあり。

 

◆内容説明

毎年6,7月は躯体が濡れたという相談が多い。

柱や梁は比較的すぐに乾きます。
乾きが遅いのは、糊で何層にもなっている合板。
特に1階の床は乾きが遅い。

濡れを確認するには含水率計が有効です。
乾燥の目安としていろいろ意見がありますが
あとあとカビなどの支障が出ないためには
20%を切ることが重要です。

夏場は自然乾燥では乾きが遅い。ひどいと1ヶ月しても乾かない。
送風機で風を当てる等すると早く乾きます。

 

◆対策

濡れないようにできるだけ養生をする。

濡れてしまった場合は乾燥度合を確認し、仕上げを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

東京の連続猛暑日が新記録など、今年は暑いです。

しかし、自宅の寝室はエアコンをまだ使っていません。
夜は風が入り、私が寝る頃には涼しく、
毎年風がない日の数日、入れるくらいです。
冬も寝室の暖房は一切使用しません。

 

家造りの時にこだわったのは、風通し、天井、壁の断熱、日射など。

そんな家も10年超。
今に比べ省エネ材料が少なかったころに建てました。

たまに設計して欲しいと言う要望を頂きますが、
現在は検査専業で設計は行っていません。
新築検査を依頼していただく前提であれば、省エネ設計の相談に応じます。

事例796『通柱が腐った』

この週末、私用で海外へ行ってきます。
今日は丸1日移動です。
飛行機、ホテルは自分で手配したので、
トラブルがないと良いですが。

時間に多少余裕があるため、
現地の不動産、建築事情も見てくるつもりです。

 

■(1)今回の事例______________

「通柱が腐った」
_______________________
木材腐り

◆写真解説

燃えたように見えるが、雨漏りで腐った通柱。
断面欠損が激しく交換が必要。

 

◆内容説明

外壁から雨が入り、柱が濡れて腐った。
木材が大量の水を吸えば、通気層だけでは早期に乾かない。
湿った状態が長いと腐朽菌の被害がひどくなる。

雨漏りは室内側に雨水が出るなどの症状がないと
なかなか気づかない。

今回は、壁下に茶色の水が出て気づいた事例。

 

◆対策

下地の防水工事時にチェックをする。

==============================

■(2)編集後記

最近、海外へ出ていく経営者の友人、知人が多いです。
考えるより、即行動するタイプの人ばかり。
用事がないと出て行かない、私とは違います。

学生時代、大成建設にインターンに行っていた時、
名古屋支店長から、弊社に来ないかと言われた。

その時の条件が「中東などの海外勤務」。

アメリカやフランス、イギリスなどでしたら
喜んで行ったと思います。
砂漠のど真ん中での仕事イメージだったので、
気が乗らなかったことを覚えています。

あの時行っていれば、今頃ドバイあたりに
住んでいたかもしれません。

事例793『コア抜きによる 鉄筋切断』

今日予定していた裁判が延期になった。
裁判官の都合らしい。

今週はバタバタしているため、延期にならないかと
願っていたら、本当に延期になった。
空いた時間を有効に使いたいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「コア抜きによる 鉄筋切断」
_______________________
コア抜き

◆写真解説

鉄筋コンクリート壁、あとからの孔あけ。緑線が鉄筋の位置。
かなりの鉄筋を切断している。
耐力低下、鉄筋の断面が錆びる等の影響がある。

 

◆内容説明

風通しとデザインのため、コンクリートの壁に孔をあけた。

鉄筋の位置を調べずあけたため、縦横たくさんの鉄筋を切断。
断面もそのままだったため、すでに錆びている。

もう少し年月が経てば、錆が進行し
錆び汁で壁が汚れたり、鉄筋が膨張し、コンクリートが爆裂する恐れもある。

 

◆対策

鉄筋コンクリートの壁にあとから孔を開ける場合は
鉄筋位置を調べ、鉄筋を切らないように孔あけする。
また、かぶり厚さも確保する。

 

==============================

■(2)編集後記

建築基準法のグレーソーンについては、建築主事の判断に
任せる場合が多い。

建築主事が複数居ればいろんな意見が出来てきます。

裁判で瑕疵判定が微妙な内容の件を
某市役所へ問い合わせをした。

簡単な内容であったが、いつまでたっても返事がない。
催促しても、もう少し待ってくださいと言われるだけ。

裁判で争っていることが何となく分かったのかもしれません。
建築主事判断というものを、全国統一化して欲しいと
思っています。

いろいろ質疑が出てきたものを取りまとめれば
出来ることだと思います。

事例786『制振装置の固定不良』

明日は早朝出発。
今晩中に、車に道具を積み込みました。

高速走行がメインのため、ルーフの脚立をしっかり縛りました。

 

■(1)今回の事例______________

「制振装置の固定不良」
_______________________
制震装置ナット

◆写真解説

制震装置の固定ナット。
ボルトの出が短いため、ねじ山がナットから出ていない。
固定不良であり、所定の耐力が発揮されない恐れがある。

 

◆内容説明

制震装置を標準仕様にするメーカーが増えています。
そのため免震装置に比べ、現場で見る機会が多いです。

写真は、制震装置の脚をホールダウンボルトで基礎へ
固定している写真。
大きな力に耐えるため、固定が非常に重要ですが、
上のナットの一部が完全に締まっていない。

ねじ山の先はナットが入りやすいように形状が違う。
そのため、ナットからねじ山をいくつか出す必要があります。
(アンカーボルトなどは通常3山以上出します)

こうなった原因は、基礎へボルトを深く埋め込みすぎた。

 

◆対策

コンクリート打設前にボルトの位置、高さを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

先日検査した現場で、重大な瑕疵を発見したが、
その現象に疑問があった。

あまりにも不自然でおかしい。

このまま瑕疵を主張しても、現象が不自然な点を指摘され
相手が逃げる恐れがある。

そう思い、出来る限りのことをしていたら
最後に決定的な証拠を見つけることが出来ました。

それは、故意の隠ぺい。
帰り際に不自然だった証拠をつかみました。。

発見には、いろいろ偶然が重なりました。
特に狭い穴にカメラを入れ、たまたま決定的なものが写ったことは
非常に幸運でした。

瑕疵を知っていて隠す行為は非常に悪質です。
検査をしなかったら、一生わからなかったかもしれません。

何があるか分かりません。やはりいろんな道具を持って
検査に行くことが重要です。

 

今回、紛争前であるため具体的な内容は控えます。
事件が解決したら、詳しいことを紹介します。

事例783『土台の変形』

午前中は、銀行などの雑用をまとめて片付け。
計5件もまわったため、午前中が全てつぶれ、
午後一番の現場に遅れそうになりました。

■(1)今回の事例______________

「土台の変形」
_______________________
土台の反り

◆写真解説

土台の反り、変形。雨に濡らした状態で施工。
その後乾燥し、反り、縮みが出て基礎から浮いている。
この箇所にはアンカーボルトがあるが、緩んでいる。

 

◆内容説明

写真は手前側が浮き、奥の角は基礎パッキンについている。
つまり、土台が反った。

ここまで反った土台は通常現場へ納入されない。
あとから反ったもので、他にも数か所同じ現象が存在した。
このところ、木の痩せ、反りなどによる不具合の相談が多い。
例えば、壁、天井のヒビ、段差。床の傾斜など。

業者側は、木は乾燥収縮するので仕方がない現象だと言うが
現場納入前、あとで含水率の変化が少なければ
ここまで反ったり、縮むものではない。

最近は乾燥した材料を使うのは当たり前です。
しかし工事中、雨に濡れ、かなりの水分を含んでしまうとか
たまたま、乾燥が悪い木が混ざってしまうなどの事もある。

 

◆対策

出来るだけ、雨に濡らさないように養生することが重要。

雨に濡れた場合は、早期に乾燥をさせ、変位を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記
雨漏りで外壁、柱、梁が腐ってしまった現場がある。
そんな状況でも補強や部材の交換が可能なため
建て替えまではしません。修理をこれから行います。

家に何か不具合が出て、修理、補修が必要になった場合
重要なのは業者の対応。

ケチな業者は、できるだけ費用を抑えようして
工事を簡単に済ませる傾向にある。
または、自社の損害額を減らすため、弁護士を入れることもある。
今、修理を検討している業者は、思いっきりがいい。
修理を徹底的に行う姿勢がある。

今回のミスも故意に行ったわけではない。
重大なミスが起きた時のことを考えると
きちんと対応してくれる業者に依頼することが重要です。
検査や裁判で、一度でも関わったことがあると
業者(社長)の思い切りの良さ、ケチなどの情報は分かります。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る