ブログ

事例1045 「ダウンライトの結露」

先週末から、現場予定と長距離移動が多く、
久しぶり、事務所に1時間以上居ました。

どこにいても仕事ができるようにしていますが、
やはり事務所の机が落ち着きます。

 

■(1)今回の事例______________

「ダウンライトの結露」
_______________________

◆写真解説

天井裏で結露したダウンライト。
金属部は白錆が発生。基盤も故障し、点灯しない。

 

◆内容説明

先回と同じ現場。結露でカビだらけになった天井裏。
そこへ埋め込まれているダウンライトも被害が出る。

ダウンライトは、プラスチックや鉄などでできているため、
石膏ボード+クロスより表面温度が低く、結露を起こしやすい。

ダウンライトのカバーに水滴が付いたり、複数故障した場合は
結露を疑ったほうが良い。

電機製品に水分は非常に危険。
漏電などの事故が起きなくてよかったです。

 

◆対策

天井裏を湿気させない。

 

==============================

■(2)編集後記

相変わらす、数多くの紛争をサポートしております。

最近、瑕疵判断を自分でしてしまう方が多く見受けられます。
ネットで情報を拾い、瑕疵だと自ら業者へ主張する。

瑕疵判断は、非常に難しいです。
例えば、土台の端が少し欠けた。
見た目からすると、大変な状態だと思ってしまいますが、
この現象は、施工上よくあることで、少し欠けるくらいは、瑕疵にはなりません。
もちろん指摘をすれば、優しい業者であれば、ボンドなどで修理はしてもらえます。

瑕疵判断をするのは構いませんが、誤判断や問題にならないことを
主張しすぎると、クレーマー対応されてしまう事があります。

立場を悪くしないよう、冷静に行動することが大事です。

 

 

 

事例1044 「天井裏のカビ」

名古屋市役所付近にある工事現場の看板を見たら
「中央新幹線緊急避難口工事」と書いてありました。

身近なところで工事が始まっているのを初めて知りました。

 

■(1)今回の事例______________

「天井裏のカビ」
_______________________

◆写真解説

天井裏のカビ。新築1年目の夏、ダウンライトが故障。
天井裏にカメラを入れると、カビが大量に発生していた。原因は結露。

 

◆内容説明

天井裏に大量の水蒸気が発生。
夏を迎え、エアコンを入れると結露が発生した。
(エアコンが天井を冷やし、結露が起きた)

原因は、湿気を含んだ建材の使用と換気不足。

この事例を私が目にしたのは2件目。
同じ仕様の家で結露が起きている可能性が高い。

メーカーに苦情を言っても真面目に対応しない。
この家も器具が不良品だといい、カビ、結露を隠蔽していた。
検査に入らなければ、隠し続けるつもりだったかもしれない。

天井裏であり、気づかず生活している方も多いと思う。
リコールすべき事例だと思う。

 

◆対策

天井裏や壁内のカビは、室内側に何か異変が出ることが多い。
この家は、ダウンライトの故障以外に、虫が大量発生した。

異変を感じた際は、専門家に相談をする。

 

==============================

■(2)編集後記

住宅を買う人、造る人にとって、将来的な予想であまり明るい話題はありません。

先の心配をしていたら購入に踏み切れませんが、
いろいろな専門家が予想していることも頭に入れ、
家を買うことをお勧めします。

そう遠くない将来、大きな変化があるかもしれません。

 

事例1043 「床の結露」

今日は日帰りの遠出(往復620KM)。

先週に比べますと、高速道路の車の数が激減。
スムーズに行って来れました。

 

■(1)今回の事例______________

「床の結露」
_______________________

◆写真解説

床の結露。収納内の水蒸気量が多い。
ドア下から入り込むエアコンの冷気で床が冷やされ、結露が起きる。

 

◆内容説明

水蒸気がこもりやすい収納。
飽和状態に近いくらいの水蒸気が溜まっていたと思われる。

最近、逆転結露と言われる夏に起きる結露が増えている気がする。
室内に起きる結露は、家の気密が高くなっている割に、
24H換気がきちんと機能していないことも原因の一つだと思う。

気密を高めすぎるのは良くないと思い込んでいる方が多い。
高気密が施工できないハウスメーカーが負け惜しみに言っているから
そう思い込む方も多いようです。
実際は中途半端な気密の方が良くない。

結露が起きやすい家は、24H換気が機能していない。
湿気が壁内、天井裏などにこもっていて、家の中が湿気ている。

そもそも、断熱材の施工方法を勘違いしているケースが多い。
ある断熱材メーカーは、湿気対策を何も教えていない。

 

◆対策

湿気がこもらない家を設計する。
無知な設計者、メーカーに設計を任せない。

結露対策ができる設計者は、なかなかおりません。
結露発生のメカニズムがさらっと言える人も少ない。

 

==============================

■(2)編集後記

今日発売の日経ホームビルダー。
今月号に私の記事の掲載はありません。

連載が終わったわけではなく、誌面の都合で、掲載されていません。
今年に入り、2回目の不掲載。

原稿は予定どおり書いているため、原稿の貯金ができています。

事例1040 「気密シート未施工」

自宅の寝室は2階建ての2階にあります。
今年の夏、エアコンを入れたのは未だ1回だけ。

夜は涼しいです。

家のある場所は標高50Mほど。
北側に大きな県の公園がありますが、環境は市街地です。

天井断熱材、風通し等を考慮して家をつくれば、涼しい家になります。

 

■(1)今回の事例______________

「気密シート未施工」
_______________________

◆写真解説

居室直上、バルコニー下のウレタン吹き付け。
外側に通気層がなく、室内側に気密シートの施工を図面で指示をしているが、施工し忘れた。
湿気が抜けず、結露を起こす恐れあり。

 

◆内容説明

ウレタン吹き付けにも種類があって、木造住宅で多く使われている
硬質ウレタンフォームA種3は、グラスウール同様、透湿性が高い。
そのため、外側には湿気を排出する通気層が必要。

ウレタンは、湿気を通さないイメージがあるため、
通気層を省略する場合でも、気密シートを忘れてしまう現場が多い。
湿気がこもり、冷えた部材に接すると、結露を起こす。

グラスウールやロックウールでは、気密シートを省略しないケースがほとんど。
ウレタンは、気密シートを省くことが多い。
(工務店さんによっては安全のため、気密シート施工を標準としている)

ウレタン吹き付けの家で、湿気が高いという申し出で伺うと、
通気層への水蒸気の排出が機能していないことが多い。

 

◆対策

ウレタン吹き付けの場合でも、気密シートの施工等
湿気対策を考慮する。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は結露の相談が多いです。
原因は、家の中途半端な気密化だと考えております。

省エネ化が進み、断熱施工などが一昔前より変化しています。
新しいことにチェレンジすれば、失敗が出る可能性は高いです。

ここ数年は、結露被害が増えると思います。
実績が少ない工法や材料に飛びつくのは危険です。

基礎断熱、床下の湿気

今日の現場予定は午前中1件だけ。
午後からは瑕疵調査の書類作成に集中していました。
集中は長続きしません。特に今日は、アマゾンプライムデー。
頻繁に入るセールの連絡に何度か集中が切れました。
普段、書類作成は苦痛な仕事。
暑い時期は、エアコンの効いた部屋に居られるので、苦痛が和らぎます。

 

基礎断熱にすると、床下に外気が入らない。
以前よくカビの写真をお見せしたように、湿気がこもる。

工事完成後は、換気扇が回り、湿気が排出されるように計画されています。
問題は工事中。換気扇が止まっているため、湿気がたまります。

今日完成検査に行った現場も、パッキンが結露していました。
(軽微な結露で、写真ではわかりません)

カビなどはなかったため、このまま乾けば問題ないでしょう。
基礎断熱にした場合は、工事中の湿気対策を考える必要があります。

 

 

事例1028 「通気が抜けてない外壁通気層の湿度」

欠陥検査へ向かう車中で書いています。

いつもの渋滞する四日市を渋滞なしで通過。
これから梅雨時にかけて、行楽の車は少なめです。

 

■(1)今回の事例______________

「通気が抜けてない外壁通気層の湿度」
_______________________

◆写真解説

上部で通気の抜け口がない、外壁通気層内の湿度。
通気を抜くことの重要性がわかる数字である。

 

◆内容説明

室内側から壁に穴をあけ、温湿度計のセンサーを通気層内にセットした写真。
日が当たると、資材から水分が蒸発、湿度が上がる。
水蒸気が室内側に移動し、エアコンで冷やされた壁に接すると、結露が発生する。
その後、結露水にカビが付く。

外壁や屋根の通気層は、上下両側を解放する必要がある。
片側だけ空いていても空気は抜けない。
太陽で暖められた空気は上に上がるため、上部の開放が重要です。

 

◆対策

通気層の空気の抜けを考えない建築関係者が多い。
雨漏りするからわざと設けないと言い訳する人もいる。

最近は、通気部材もいろんな種類が発売されている。

設計、施工段階で通気の抜けを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

検査業務を始めて15年以上経過。
IT技術の進化に伴い、いろいろ新しいものが出てきています。

来月、新築検査のソフトとハード面を改良する予定です。
写真などに関しては1度も改良していないので、大幅改良になる予定です。

時間短縮などにはあまり効果はなさそうですが、
時代遅れにならないため、バージョンUPをいたします。

検査自体の質はかわりませんのでご安心ください。

 

事例1016「屋根結露」

いよいよ3月の最終週。

めちゃくちゃ忙しいです。先週末のけがはほぼ回復。
通院などで時間を取られ、よりスケジュールがきつくなりました。
現在、現場と書類納期を優先するため面談など全てお断りしています。

4月の第1週までこの状態が続く予定です。

明日も早朝出発です。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根結露」
_______________________

◆写真解説

屋根の結露。室内の水蒸気が小屋裏へ侵入、
小屋裏換気がなく、水蒸気が充満。屋根面で結露が発生。

 

◆内容説明

屋根が結露によって濡れている。含水率を測ると80%以上。

新築して1年目の冬に発症。部屋に水がたれるほどの結露。
施工者は雨漏りだと疑わないため、2年目の冬も発症した。

原因は小屋裏換気の欠落。

小屋裏換気量の基準はフラット35、長期優良住宅にはあるが
それらを選択しない場合は、換気量の確保は強制ではない。

フラットや長期優良住宅の基準は、それらを選択しなくても
標準で採用すべきだと思う。

 

◆対策

最上階の天井。気密シートや気流止めなどを設け、水蒸気を小屋裏に入れない。

小屋裏換気を十分確保する。

 

==============================

■(2)編集後記

秀光ビルドの再発防止策。確認出来た内容は・・

ミスを見逃した「JIO」を切り、新たな瑕疵保険会社を採用。
さらに外注の検査会社に社内検査を代行させる。

世間向けの印象は良いかもしれないが、
品質管理を丸投げに頼るだけでは、そんなに変わらないのでは?
外注の検査会社が入っている会社と、自社できちんと検査している会社。
瑕疵検査などで見る限り、自社検査の会社の方が瑕疵が少ない傾向にある。

検査という仕事も手抜きをやろうと思えば、いくらでもできる。
誰でも楽な方を選びがちです。
件数が多いだけに、いかに外注検査会社に手抜きをさせないかが鍵でしょう。

私が思うには、外注だけに頼らず、自社でシステムを作るべきです。

図面をカラーにして、ミスが出やすい箇所を目立たせる。
分かりやすい納まり図を作成し、職人に渡す。
ミスが出にくい(簡単に施工できる)材料を使う。
交通違反の点数制のように、ミスに対する懲罰を作るなど。

一から考えるのは大変なので、他社がやっていることを真似るとよいと思います。

事例1011「通気層塞ぎ」

朝7時に事務所を出発。
天気が良い土曜日で高速道路が混んでました。

来週も遠方の検査が数件入っています。

 

■(1)今回の事例______________

「通気層塞ぎ」
_______________________


(サイディング施工中、上から通気層を見た写真)
◆写真解説

ウレタン吹き付けにより、外壁通気層が塞がっている。
壁内結露が起きやすくなる。

 

◆内容説明

防水紙の留めつけが甘く、吹き付け時のウレタンの膨張によって
通気層が塞がれてしまった。

外壁通気層の役割は主に2つ、壁内の湿気を逃がす。雨漏りを防ぐ。

透湿性が高いウレタン材は、外壁通気を条件に室内側の防湿材を省略できる。
通気層が塞がれると、室内結露が起きやすくなる。

防水紙へのウレタン吹き付けは、よく行われている。
今回のような施工不備も事例としては多いため、
できる限り、防止紙直接の吹き付けは避けたほうが良い。

 

◆対策

構造用合板などの面材を施工し、そこへ吹き付ける。

 

==============================

■(2)編集後記

昨晩、弁護士事務所からの帰り、近道である錦三丁目(名古屋を代表する歓楽街)を
横切って、栄駅まで歩きました。
居酒屋やバーなどは、金曜でかなりにぎわっていました。

不動産業界はよく飲みに行くイメージですが、
最近、飲みに行く暇もないくらい忙しい人がまわりに多いです。
プレミアムフライデーが浸透するのは一番遅い方だと思います。

■================================■

3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。
資料を配布しますが、それを読むだけではありません。
ライブでしか言えない話も数多く入れていきます。

先日、ある紛争に立ち会った時にふと思いました。
セミナーの中で私が一番伝えたいことと建築業者の方が
私から聞きたいことは同じではないか。

一番伝えたいことを、伝わるように説明します。

 

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

事例1008「玄関土間の結露」

昨年の住宅着工数が前年度比6.4%増。
今年は反動で前年超えはないとみています。

品質面から言えば、今現在、職人不足が顕著であり、
若干減るくらいでちょうど良いかもしれません。

 

■(1)今回の事例______________

「玄関土間の結露」
_______________________


赤外線サーモグラフィー画像 日本アビオニクスR300SR-S

◆写真解説

玄関土間の外壁に近い箇所で結露が発生(紫色の部分)。
寒冷地では玄関土間もきちんと断熱する必要がある。

 

◆内容説明

外気に接する面で冬場結露が発生する。
基礎の立ち上がり、土間から上に断熱材を施工しなかったことが原因。


検査時の湿度は55.8%
赤外線サーモグラフィーカメラで測定したタイルの表面温度は最低4度
露点温度(結露する温度)は4.5度(上の写真)
結露する条件がそろっている。

 

◆対策

天端の高さまで基礎に断熱材を施工し、冷気の伝わりを無くす。

==============================

■(2)編集後記

あるハウスメーカーを追い詰めています。
担当者が嘘ばかり言うため、久しぶりにブチ切れたところ
その担当者は転勤という形で突然いなくなりました。

代わりの担当者は、引き継いだだけなので
よくわからないと逃げています。

この会社相手の裁判をサポートしていて
何度か意見書などを出しているため、本社は私を警戒しています。

指摘した瑕疵を素直に直すことだけなのに
なぜ、上司含め皆が逃げるのか意味が分かりません。

■================================■

 

3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから(申し込み人数を弊社では把握していません。満席の場合はご容赦ください)
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

事例963「壁内の湿気」

昨日、今日の豪雨はすごかった。
スコールという表現をしているニュースもありますが、
南国のスコールより降り方がひどいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内の湿気」
_______________________

壁内湿気

◆写真解説

壁内に湿気がこもる。
湿気が抜けない構造であることが原因。
壁内結露の原因となる。

 

◆内容説明

日本の家は、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策。
そして湿気対策を考えないといけない。

湿気について、結露のメカニズムを理解していない設計者や施工者が多い。
そんな現状だからミスはいまだに起きている。

写真はコンセント部から壁内に入った湿気が
抜けずに壁内に溜まっている状況。

断熱材はグラスウール。外壁面に構造用合板あり。
外壁の通気層はあるが、空気が滞留しているため、湿気が抜けない。

 

◆対策
湿気対策を設計時に考える。

壁内に湿気を入れない。湿気を入れたらどう抜くか。

 

==============================

■(2)編集後記

日常的に書類の締め切りに追われるため
仕事術の本は今まで何十冊も読んできました。

最近読んだ仕事術の本は、
元マイクロソフトの伝説のプログラマー、中島聡さんが書いた
「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」(文響社 )

書いてある内容は、私もいくつか実践していました。

今現在も書く仕事がたまり気味。
効率よく片付けないと、お盆休みが取れません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る