ブログ

事例1105 「ダクトの結露」

岐阜県の山間部の現場へ行ってきました。

7月の大雨で国道が通行止め。
遠回りを強いられました。

建物が大きいため、あと2回ほど伺う予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「ダクトの結露」
_______________________

◆写真解説

小屋裏を通るアルミダクトの結露。
原因は、夏場の湿気た小屋裏+エアコンの排気で冷えたダクト。

 

◆内容説明

夏にエアコンを付けると、2階の壁に水滴が垂れてきた。
小屋裏で結露した水が、天井の気密シート上に溜まり、
シートの端から壁際に落ちた。

屋根断熱でもないのに、小屋裏換気はなし。
湿気が抜けず、湿度が高い。

その中をアルミダクトが通っている。
エアコンで冷えた空気が通るため、結露が起きた。

取り急ぎ、断熱ダクトに交換。
小屋裏換気を設けることもお願いしている。

夏場はエアコンの冷気で結露が起きやすい。
湿気やすい箇所に冷気を直接あてないことも重要です。

 

◆対策

断熱タイプのダクトを使う。

 

==============================

■(2)編集後記

明日は朝、岐阜と愛知の現場に行ってから出張。
泊りではなく、その日のうちに名古屋に帰ります。

週末から来週にかけても予定が埋まっております。

現在、瑕疵検査は、順番を待って頂いている状態。
相談も少し先でないと枠が空いておりません。

9月に入ると多少空きが出る予定です。

夏場の結露

この時期、結露調査に行くことが多い。

今日、伺った家は、最上階の天井で結露を起こしていた。
天井には気密シートの施工があるため、結露水は気密シートの端部、
天井の壁際から室内に出てきていた。

施主さんが、施工業者に、天井から水が垂れてくるという苦情を入れたところ、
現場を見に来た、担当者はいろいろ調べたあと、
「天ぷら油の垂れです。生活の仕方に問題があるから、壁の補修は、自己負担です」
と言ったようです。後日、出てきた見積もりは120万円。

この件のあと、私に依頼がありました。

現場を確認すると、結露水が合板を通っているため、水が茶色になっているだけ。
それを天ぷら油だと思いこんだようです。

このような、バカげた話はよくあります。
中には信用してしまう人も多くいると思います。
施主自身も家に関する知識を持つことが重要です。

 

 

事例1101 「基礎スラブの水」

過密なスケジュールが続いています。

この時期、夏休みを取る方も多いと思いますが、
普段の休みも取れない状況です。

あと1週間ほどすれば、落ち着いてくると思います。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎スラブの水」
_______________________

◆写真解説

基礎スラブの水たまり。夏場に多くみられる。
原因は結露、雨水浸入等。

 

◆内容説明

春先やこの時期。猛烈に外気が湿気ることがあります。
湿度が100%近いと、少でも温度の低いものに触れれば結露を起こします。

コンクリートが冷えている状態で、湿気た空気が入ってくると
結露を起こしやすい。

また、この時期は雨が多く、地下水位も高くなる。
基礎の打ち継ぎや隙間から雨が入りやすい。

どちらの原因であっても、床下に水が溜まれば、床下が湿気る。
金具が錆びたり、木にカビの胞子が付いたりする。

改善するには、原因特定が重要。
作業として、現場の状況確認、数日間以上のデータ取りを行います。

 

◆対策

基礎内の風通しを良くする。
雨水が入らないように、打ち継ぎ部の防水を行うなど。

定期的に点検し、水が無いか確かめる。

 

==============================

■(2)編集後記

最近、毎月5枚の写真更新を心がけています。

今月は多忙なため、無理かと思いましたが、
何とか月末ぎりぎりで5枚目を載せることが出来ました。

今月は、大きな瑕疵をいくつか見つけております。
来月から順番に公開していきます。

事例1095 「小屋裏の湿気」

1年の中で、5月、6月はスケジュールに多少、余裕があります。

建築業界は3月に完成のピーク。
工事遅れなどで4月までバタバタ。
それを過ぎた5,6月で一服と言う感じです。

この先、大きな事件の依頼などが複数、来ております。
また、忙しくなります。

 

■(1)今回の事例______________

「小屋裏の湿気」
_______________________

◆写真解説

屋根断熱施工の小屋裏の湿気。
湿気の原因は、屋根通気層の湿気の滞留。野地板が腐る原因となる。

 

◆内容説明

外部の仕上げを確認すると、屋根通気の上部で出口がない。
そのため、湿気が通気層上部に溜まり、小屋裏も湿気ている。

この日、室内の湿度は45%。小屋裏は75%。
温度は同じであり、水蒸気量が異常に多いことが分かる。

ウレタン断熱材は、ある程度透湿性があるため、小屋裏はこの程度で収まっている。
通気層内は、湿度が100%近いと思われる。

 

◆対策

屋根通気を設けた場合は、通気の入り口、出口を確実に取る。
暖められた空気は高い方へ移動する。反対はない。
一番高い位置に出口を設ける。

 

==============================

■(2)編集後記

今回紹介した屋根通気の不備をたくさん発見しています。

家の省エネ化が進み、新しいやり方がいろいろ出ています。
新しいことは、不具合の予見が付かず、ミスが起きやすい。

業者が経験したことがない工法をお願いする場合は、注意が必要です。

急増している瑕疵

住宅の省エネ化で、結露被害が急増している。

特に多いのは、屋根の腐朽。
一昔前は、天井断熱がほとんどだった。
屋根断熱が増えているのが、原因だと思われる。

屋根だけでなく、壁や基礎でも結露が増えている。

大昔、断熱材を入れ始めた頃も結露が頻発したという文献を読んだことがある。
仕様の大きな変わり目は、不具合が起きやすい。

結露がひどくなれば、木材が腐朽し、また、カビも発生する。
雨漏り同様、水の被害に関する現象であるが、保証はないに等しい。

結露は仕方ない現象で、瑕疵ではないと主張する、業者や弁護士も多い。
今現在も、数件、結露被害の裁判をサポートしているが、結構、苦戦している。

サッシなど躯体の腐朽に影響する箇所以外の結露については、
雨漏り同様、10年の瑕疵担保保証や保険で守るべきだと思う。

結露相談急増

昨日、一昨日、先方の都合で2つ予定が延期。
空いた時間は、体を休めました。
寝込むほどではないですが、何となく体調が悪かったので良い休養になりました。
今日は、1日、現場に出ます。

結露に関する相談、調査依頼が多いです。
今現在も1件、屋根、外壁をやり替えている現場があります。

急増の原因は、家の造り自体が変わってきていること。
屋根断熱が増えた。気密が高くなったことなど。

施工してみて、失敗だったという例が多いです。

雨漏りに比べれば、原因解析は容易です。

事例1083 「野地板の結露」

ようやく年度末のバタバタがひと段落しました。

手つかずだった書類などの処理に追われています。

 

■(1)今回の事例______________

「野地板の腐朽」
_______________________

◆写真解説

屋根下地合板の腐朽。屋根断熱の家。
この下にある通気層に出口がなく、湿気がこもり、結露を起こした。

 

◆内容説明

省エネ化が進み、屋根断熱の比率が高くなっている。

屋根断熱にする場合、断熱材の外側に通気層を取るのが一般的。
理由は、断熱材を通過した水蒸気を逃がすため。

通気層の施工は壁でも一般的に施工されるが、
通気の入口、出口を気にしない職人が多い。
通気層のスペースだけあればOKだと思い込んでいる。

通気層内の暖かい空気は下から上へ移動する。水蒸気も同じ。
上面で抜ける箇所が無ければ、水蒸気は溜まる一方で、飽和すると結露を起こす。

今回紹介した例も、通気層の施工はあるが、隅棟部で出口がない。
空気が抜けないため、水蒸気がたまり、野地板が結露した。

 

◆対策

通気層は、空気の出入口を確保する。

 

==============================

■(2)編集後記

今回紹介した例は、最近多い。来週からもう1件、屋根をやり替える現場があります。

工法が変わっていく過程で、不具合は出やすいです。

 

事例1045 「ダウンライトの結露」

先週末から、現場予定と長距離移動が多く、
久しぶり、事務所に1時間以上居ました。

どこにいても仕事ができるようにしていますが、
やはり事務所の机が落ち着きます。

 

■(1)今回の事例______________

「ダウンライトの結露」
_______________________

◆写真解説

天井裏で結露したダウンライト。
金属部は白錆が発生。基盤も故障し、点灯しない。

 

◆内容説明

先回と同じ現場。結露でカビだらけになった天井裏。
そこへ埋め込まれているダウンライトも被害が出る。

ダウンライトは、プラスチックや鉄などでできているため、
石膏ボード+クロスより表面温度が低く、結露を起こしやすい。

ダウンライトのカバーに水滴が付いたり、複数故障した場合は
結露を疑ったほうが良い。

電機製品に水分は非常に危険。
漏電などの事故が起きなくてよかったです。

 

◆対策

天井裏を湿気させない。

 

==============================

■(2)編集後記

相変わらす、数多くの紛争をサポートしております。

最近、瑕疵判断を自分でしてしまう方が多く見受けられます。
ネットで情報を拾い、瑕疵だと自ら業者へ主張する。

瑕疵判断は、非常に難しいです。
例えば、土台の端が少し欠けた。
見た目からすると、大変な状態だと思ってしまいますが、
この現象は、施工上よくあることで、少し欠けるくらいは、瑕疵にはなりません。
もちろん指摘をすれば、優しい業者であれば、ボンドなどで修理はしてもらえます。

瑕疵判断をするのは構いませんが、誤判断や問題にならないことを
主張しすぎると、クレーマー対応されてしまう事があります。

立場を悪くしないよう、冷静に行動することが大事です。

 

 

 

事例1044 「天井裏のカビ」

名古屋市役所付近にある工事現場の看板を見たら
「中央新幹線緊急避難口工事」と書いてありました。

身近なところで工事が始まっているのを初めて知りました。

 

■(1)今回の事例______________

「天井裏のカビ」
_______________________

◆写真解説

天井裏のカビ。新築1年目の夏、ダウンライトが故障。
天井裏にカメラを入れると、カビが大量に発生していた。原因は結露。

 

◆内容説明

天井裏に大量の水蒸気が発生。
夏を迎え、エアコンを入れると結露が発生した。
(エアコンが天井を冷やし、結露が起きた)

原因は、湿気を含んだ建材の使用と換気不足。

この事例を私が目にしたのは2件目。
同じ仕様の家で結露が起きている可能性が高い。

メーカーに苦情を言っても真面目に対応しない。
この家も器具が不良品だといい、カビ、結露を隠蔽していた。
検査に入らなければ、隠し続けるつもりだったかもしれない。

天井裏であり、気づかず生活している方も多いと思う。
リコールすべき事例だと思う。

 

◆対策

天井裏や壁内のカビは、室内側に何か異変が出ることが多い。
この家は、ダウンライトの故障以外に、虫が大量発生した。

異変を感じた際は、専門家に相談をする。

 

==============================

■(2)編集後記

住宅を買う人、造る人にとって、将来的な予想であまり明るい話題はありません。

先の心配をしていたら購入に踏み切れませんが、
いろいろな専門家が予想していることも頭に入れ、
家を買うことをお勧めします。

そう遠くない将来、大きな変化があるかもしれません。

 

事例1043 「床の結露」

今日は日帰りの遠出(往復620KM)。

先週に比べますと、高速道路の車の数が激減。
スムーズに行って来れました。

 

■(1)今回の事例______________

「床の結露」
_______________________

◆写真解説

床の結露。収納内の水蒸気量が多い。
ドア下から入り込むエアコンの冷気で床が冷やされ、結露が起きる。

 

◆内容説明

水蒸気がこもりやすい収納。
飽和状態に近いくらいの水蒸気が溜まっていたと思われる。

最近、逆転結露と言われる夏に起きる結露が増えている気がする。
室内に起きる結露は、家の気密が高くなっている割に、
24H換気がきちんと機能していないことも原因の一つだと思う。

気密を高めすぎるのは良くないと思い込んでいる方が多い。
高気密が施工できないハウスメーカーが負け惜しみに言っているから
そう思い込む方も多いようです。
実際は中途半端な気密の方が良くない。

結露が起きやすい家は、24H換気が機能していない。
湿気が壁内、天井裏などにこもっていて、家の中が湿気ている。

そもそも、断熱材の施工方法を勘違いしているケースが多い。
ある断熱材メーカーは、湿気対策を何も教えていない。

 

◆対策

湿気がこもらない家を設計する。
無知な設計者、メーカーに設計を任せない。

結露対策ができる設計者は、なかなかおりません。
結露発生のメカニズムがさらっと言える人も少ない。

 

==============================

■(2)編集後記

今日発売の日経ホームビルダー。
今月号に私の記事の掲載はありません。

連載が終わったわけではなく、誌面の都合で、掲載されていません。
今年に入り、2回目の不掲載。

原稿は予定どおり書いているため、原稿の貯金ができています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る