ブログ

事例1072 「大引き継手、施工不良」

このところ、裁判関係の仕事依頼が多い。

いつも何故か複数件、依頼がまとまります。
期日がある仕事なので、こちらの都合が優先できないのがつらいです。

 

■(1)今回の事例______________

「大引き継手、施工不良」
_______________________

◆写真解説

1階床を支える大引き継手の不備。
固定が不十分な上、近くに受ける束もない。

 

◆内容説明

プロの仕事ではないです。
本来、途中で継ぐときは、受ける側の近く(150mm内外)を束で支える必要がある。
さらに、継手部は釘(N75 2本等)で緊結する。

不安定であり、継手が動きやすく、床のたわみなどの原因となる。

 

◆対策

床下は手抜きされやすい箇所。
1度は床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

息子の大学入試、前期試験が終わりました。
明日から愛知県では、私立高校の入試が始まるようです。

少子化で受験は昔より楽なのかと思いますが、定員をオーバーすると
国が補助金を減らすようで、大学側も合格者を絞っているようです。
昔より、合格率が下がっていると高校の先生が言ってました。

 

受けた全ての大学は、ネット出願。出願時に受験料もクレジット払い。
その後、大学からデータで書類が届き、それをプリントアウトし、
写真や高校からの調査票を添えて書留で送る。
受験票自体もデータだけという大学もありました。

こういうところでも電子化が進んでおります。

基礎の心配

木造や軽量鉄骨の家で、上の構造より基礎を心配する方が多い。
家の土台となる部分であり、重要な個所だからでしょう。

上の構造が違っても、基礎は共通して、鉄筋コンクリート。
鉄筋は、工場組み立てのものを使ったり、鉄筋職人が組んだりするケースが多く、
大きなミスが出ることは少ない。
住宅の基礎で問題が出やすいのは、コンクリートの施工。
職人任せで施工するため、締固め、養生などに問題があるケースが多い。

住宅に限らず、マンション現場などでも打ち込み不良などがよく発生している。
今、事務所近くで、某ブランドマンションの工事が行われている。
信号で止まった時、大きなジャンカ、コールドジョイントが各所にあった。

住宅の基礎屋さんに施工内容や手順を徹底させることは困難です。
大手は職人に講習受講を義務付けていますが、学んだ内容が実施されていない。
施工時に、監督も立ち合わず、立ち合ったとしても指示がないからです。

今後、家の長寿命化には、住宅の基礎の耐久性を上げていく必要があります。
それには、基礎職人、現場監督のレベルアップが欠かせません。
この週末、この本を読んで特にそう思いました。

土木の内容です。熱血ドボ研2030 著 日経BP社
3,400円+税

今現在、お金を掛ければ、基礎の耐久性を高めることは可能です。
私なりにいろいろ調べましたが、住宅ではその金額は現実的ではありません。
住宅においては、あまりお金を掛けないで簡単にできる方法が必要だと考えます。

検査で、これは改善したほうが良うことがあれば、意見していきます。

 

 

 

相手業者への取材

今週、月曜日に放送されたフジテレビ、みんなのニュース

欠陥住宅の取材で、TV局側がこだわっているのが、相手側の取材。
1つめは、相手業者へカメラを向けたところ、怒り出すシーンが放送されました。

このシーンのあと、「カメラわれや(割れ?)」と言いながら向かってきます。

もう1件は、インターフォン越しに取材拒否されました。

それでも、予告なくフジテレビが来たため、相当驚いたと思います。
その後、代理人である弁護士へ電話を何度もかけたり、FAXも送りましたが無視されました。

相手側を取材することで、知らなかった情報が分かったりします。
今回、隣の家の方が、そこまで話して良いのという内容を話してくれました。

このあとも、他の事例を取材していくことが決まっております。
酷い対応をしていると、TV局を送り込みます。
突撃する時、ディレクターとカメラマンは、仕事を楽しんでいるように見えます。

 

 

防耐火仕様

午前中は構造検査。午後は、裁判の打ち合わせ3時間。
帰ってからは、問い合わせなどの対応に追われ、あっという間にこの時間です。

ある学者の研究によれば、人が仕事に集中できるのは週55時間まで。
それ以上の仕事は、精度を欠いたりするそうです。

週5日労働なら1日11時間まで。
週6日労働なら1日9時間ほど働けます。

この数字を意識して、仕事時間の短縮に努めたいです。

昨晩、札幌で11人の方が無くなる火災がありました。
事務所近くの寿司店でも火災があり、1名亡くなられている。

検査で防耐火に関する指摘率はかなり高い。特にミスが多い建物は以下です。
住宅では、準防火地域、防火地域の木造3階。
省令準耐火構造の仕様の家。
住宅以外では、共同住宅、老人ホームなど。

今現在、新築の共同住宅の内部を丸裸にして、防火施工などをやり替えている現場もあります。

命に関わる、防耐火の施工。
これらの建物を建てる時は、検査を入れることを強くお勧めします。

 

事例1071 「筋交い未施工」

今日は2件、床下に入りました。
そのため、夜、事務仕事をしていると、顔が埃っぽい。
顔と目を洗いましたが、髪の毛や首周りに未だ残っている感じ。

気になると、仕事に集中できませんね。

 

■(1)今回の事例______________

「筋交い未施工」
_______________________

◆写真解説

屋根裏から2階壁上部を確認。図面に記載のある筋交いがない。

 

◆内容説明

完成した現場でも、壁の石膏ボードを梁まで施工していない場合、
屋根裏から筋交いが確認できます。

写真は瑕疵検査時に、発見した筋交い未施工。

中間検査や瑕疵保険検査がある現在でも、たまに見かける事例です。

未施工分だけ、耐力が弱くなる。

 

◆対策

工事中であれば、筋交いの有無の確認は容易です。
念のためチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

先週あたりから右ひじに痛みを感じ、昨日からはプラス右手首が痛い。
直前まで原稿を書いていたので、腱鞘炎かと思いましたが、位置が違う。

思い当たる原因として、今月は床下によく入る。
写真を撮る際に、タブレットを無理して持っていることくらい。

シャッターボタンが右にあり、右手だけで支えながら、ボタンを押すことがあります。
両手で持てばよいですが、無理なケースが多いです。

床下だけ普通のカメラに変えればよいですが、
黒板入りのタブレットを一度使ってしまうと、その便利さに後戻りできません。

痛みが引いたら、腕を鍛えようと思います。

 

よくあるご質問

今現在、現場監督も不足しております。

今日伺った現場の監督は、ベテランなのに段取りが悪く、
職人からも辞めて欲しいと言われるくらいの人。

現場を嫌う若者が増えているので監督確保は今後の大きな課題です。

 

最近よくあるご質問。

Q「遠方でも検査に来てくれますか」

A「可能です」

瑕疵検査は北海道から沖縄、日本全国対応可能です。裁判も各所でサポートしております。
(裁判サポートは、電話、メールが主です)
新築検査は、複数回伺う必要があり、回数が多くなりますと、交通や出張経費の負担が大きくなります。
料金をご納得いただけましたら対応いたします。

意外と沖縄は交通費や出張経費が安く済みます。
早朝、深夜便のLCCがありますし、空港から1時間くらいの現場が多く、日帰りできます。

また、海外の家や工場の検査依頼の問い合わせも、過去に頂いております。
アジアなどで交通の便が良く、英語が通じる地域であれば、対応可能です。

耐震化目標

このニュースを読んで、国は現実が分かっていないと思いました。
↓↓

内閣府は27日、「防災に関する世論調査」の結果を発表した。
今回初めて住宅の耐震診断を実施しているか尋ねたところ、
「実施していない」と答えた人が51.5%だった。
政府は2025年までに耐震性が不十分な住宅をおおむね解消することを目標に掲げている。

2週間ほど前も耐震診断に行きました。
行政の無料耐震診断が実施されてから10年以上経過していると思います。
70代の依頼者に、なぜ今まで申し込まなかったと聞いたところ、
「悪い結果が出るのは当然。結果が出たところで補強する気はない。
子どもは他へ家を買い、この家には住まない。あと何年住むか分からない家にお金を掛けれない。
市役所からのDMが頻繁に届くため、今回申し込んだ」という回答でした。

大多数がこのような意見だと思います。
お金をかけて補強したところで、今の日本では家の価値はわずかしか上がらない。
生きているうちに地震が来ないかもしれないと思うと、大金をかける決断ができない。

今の現状で、政府の目標は達成できるわけありません。
最近は、補助金を使い耐震補強する家も減っています。
根本的にやり方を変えないと、大地震が来た時に大きな被害が出てしまいます。

 

 

セミナー

昨晩、名古屋駅前で、今年初のセミナーを行ってきました。

セミナーというよりは、長井の独演会と言ったほうが良いかもしれません。

今回は、専門業者さんの集まり。直接施工に関わる方へ怖い話をたくさんしました。
施工者側の意識を変えることで、瑕疵問題は減っていくと思います。

このあとも何件かご依頼を頂いております。

業者相手ばかりではなく、施主向けのセミナーもやってみたいですね。
構造や省エネの話など、ハウスメーカーからとは違う情報をお出しできます。
主催すると準備や人集めが大変のため、講師として呼んでいただくのが理想です。

 

みんなのニュースに出ます

フジテレビ みんなのニュースに出演します。
29日 月曜日 18時14分頃から20分間ほど。

関東広域のみの放送です。(東海テレビには再放送をお願いする予定)

欠陥の現場を2件、紹介します。
1件は、施工者の言い訳が聞けると思います。
もう1件は、施工者の代理人である弁護士からの回答はありませんでした。

実害のあるミスを犯しても、何が悪いという態度。
世間からもっと圧力をかけないと、業界は変わりません。

1件は、紛争審査会の調停が不調に終わり、これから裁判に移行。
もう1件は、売買、施工に関する違反行為が多々あるにも関わらず、
お金がないから責任を取れないと言っているため、弁護士を付けます。
売買、建築に関わった人(名義貸しを含む)全てに責任を追及していく予定です。

 

極寒

ここ数日、異常な寒さが続いております。
私の自宅も例年に比べ暖房の効きが悪いと感じております。
寒さが続くと、壁、屋根などの温度が低いままになるため、余計に寒さを感じます。

断熱の基準で、地域を8つに分けています。
(沖縄、北海道を除けば6区分)

最近の寒さだけを見れば、2ランクくらい寒い地域に該当する寒さではないでしょうか。
(例、東京23区:6区分→奥多摩町:4区分)

毎年、ある現象ではないと思われますが、夏も異常に暑かったりするので、
家を造る際に、現状の省エネ基準で満足せず、少し上のレベルで計画されることをお勧めします。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る