ブログ

決断

家に不具合が発生し、修理を求めても業者は逃げる。
家は値段が高いが故に、損失を強く感じてしまう。

そんな状況においても、業者に対しアクションを起こすことを躊躇する方は多い。

弊社へ問い合わせしてくる方で、いつまでも迷われる方が見える。
私は、これは放置しては危険だという例以外、決して押し売りしませんので、
いつまでも決断がつかず何度も質問が来る。
その内容は、自分でその先の創造を膨らませている。
おそらく、最終的な結論として、裁判に負けたらどうしようという事でしょう。

建築紛争はやってみないと分からないケースが大半。
裁判でも、判断がひっくり返ることは頻繁にあります。
もしかしたら、紛争にならず、第三者を入れることで業者の対応が変わるかもしれない。

保証期間という時間的な制約もあるため、迷っているよりは
早めに専門家に任せ、少しでも日々の不安を解消したほうが良いと思います。

この仕事を始めた頃に知り合った方から、
心理学的には「やった後悔」よりも、「やらなかった後悔」のほうが大きい。
という言葉を教えていただきました。

行動を起こさず、いつまでも引きずったり、あとから後悔するくらいなら
思い切って、行動を起こすことをお勧めします。

このところの面談で、たくさんの方と接していて、今回の事を思いました。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影