ブログ

事例656『構造用合板釘のめり込み』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
来月末あたり事務所を移転する予定です。
わずか1.5KMの移動。
今の事務所は4年目。雑然とした暗いエントランス。
窮屈な仕事場、打ち合わせスペースの解消が目的です。
正月にふと思い立ち、ダメもとで不動産屋へ連絡を入れたら
とんとん話が進みました。
詳細はまたご案内します。
■(1)今回の事例__________
「構造用合板釘のめり込み」
__________________
 
釘めり込み
 
◆写真解説
外壁構造用合板釘のめり込み。
合板厚さ9mmに対し、8㎜もめり込んでいる。
ほとんど貫通しているに等しく
説明するまでもなくダメな事例。
◆内容説明
機械で釘を打っているので、全箇所同じようにめり込んでいる。
構造用合板の釘のめり込みは
1mmで強度が10~20%ダウン。
3mmで30~80%ダウンすると言われています。
((財)日本住宅・木材技術センターの資料より)
その他、構造用合板の釘打ちは、釘の種類、長さ、
ピッチ、端へ外れがないことが大事。
◆対策
防水紙を貼られる前に全数チェックする。
=======================
■(2)編集後記
今日は、I 県まで基礎の配筋検査に行ってきました。
交通費、出張経費を出してまで、私を呼んでくれた。
「検査を入れてよかったと思っていただきたい」
そんな気持ちで現場へ向かいました。
検査で図面を無視した重大な基準法違反を指摘。
気負いして出かけたのが
現場のミスを生んだのでしょうか。
今回の指摘は、瑕疵保険の検査会社から
指摘を受けたことがなかったようです。
職人さんは間違いだと思っていませんでした。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影