ブログ

事例682『受け木の厚み不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
相手業者との直接交渉の場へ
午前中の現場を終え、急いで向かうと
何か様子がおかしい。
すぐに場所が違うことに気づきました。
間違った場所から、話し合いの場の
弁護士事務所までは車で1時間。
結局、今回は参加することができず、ご迷惑かけました。
私の勝手な思い込みが原因です。
メールをしっかり読まなかったことを反省しています。
■(1)今回の事例________
「受け木の厚み不足」
________________
 
受け材
 
◆写真解説
構造用面材の受け木の厚さが足らず、釘の先が抜けている。
構造用面材9mm、釘50mmなので40㎜以上の受け木が
必要なところ30mmを施工している。
◆内容説明
間違っている確率、約60%。
入隅部など、柱に構造用面材を留められない場合に
受け木を施工します。
材の大きさは40mm×30mm。
大工さんは、広い40mmを釘を打つ方向ではなく
正面に向けてしまうようです。
釘の長さが決まっている以上、
釘より短い材料はNGです。
(2×4は場所によってはわざと釘を長くして
抜けるように打ちます)
◆対策
構造検査時に、重点的にチェックをする。
====================
■(2)編集後記
弱い首の痛みが約半年間取れず、
昨日、検査に行ってきました。
頸椎などに異常はなく安心しましたが
簡単に治す方法はないみたいで、
ストレッチを勧められました。
デスクワーク、車の運転などで
同じ姿勢を続けているのが悪いみたいです。
事務所にまだ空きスペースがあるので
ストレッチスペースをつくろうと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影