ブログ

検査判断

基礎配筋検査での出来事。
瑕疵保険の検査員が明らかに間違っている指摘をしていました。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎配筋
(写真は内容と関係ありません)
その指摘内容は過剰な判断。
耐力がマイナスになることではないので、私は黙っていました。
検査員が帰ったあと、「今までそんなこと言われたことがない」
と基礎屋さんはやや不満気味。
「あれはやらなくてもいい」と基礎屋さんへ技術的な解説すると
「早く言ってよ」と言われてしまいました。
検査では甘い判断しないほうが良いです。
過剰であっても、安全側に判断しているので、
この検査員は好感が持てます。
鉄筋や、コンクリートの役割を理解していると、
検査時の判断が適切にできますし、職人さんも納得しやすい。
役割を理解するには、基礎の構造計算を理解するとよいです。
(2階建ての住宅の基礎は通常、構造計算は不用です)
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-基礎演習
紛争中の案件で、基礎の鉄筋の瑕疵に対し、
「住宅の基礎は無筋でもいい」という反論が来ています。
無筋で良ければ(良いわけありません)、
配筋検査しなくて済みますし、基礎は安くなります。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る