ブログ

新品なのに傷だらけ

最近のキッチン。
シンクの裏にクッション材のカバーが付いている。
役割は防音や結露対策のようです。
材料がやわらかいため、キッチンの搬入、組み立て中、
雑に扱うと簡単に破れてしまいます。
しかし、組み立ててしまうと、目に付かないので
傷だらけのまま、放置されていることが大半です。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-シンク裏カバー
破れている確率が高いため
私は、完成検査でシンクの裏は必ずのぞきます。
破れた状況を施主さんへ見せると、
全員が取替えを希望します。
普段見えない箇所は、いい加減に施工されている
確率が高いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影