ブログ

裁判官の一言

新築物件に瑕疵があり、それを修補で対応する場合
施主さんの多くは以下の発言をする。
「リフォームじゃない新築の家なんだ。交換しろ」
この前の裁判でも、修補に納得できない施主が同じ事を言い。
それに対し裁判官がこう言った。
「そうかも知れないが、建築の場合は元には戻せない」
瑕疵の内容に対し、費用がかさむ場合、
部材の取替えは困難です。
工事中でも工程が進む前の交換が容易なときに、
瑕疵を発見することが大事です。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る