ブログ

事例471『天井裏の雨漏り』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
明らかな法令違反を指摘され、
それを認めると修補にお金がかかる。
だから業者側は、適当な言い逃れをしてくるケースが多い。
無駄な抵抗を続けられている事件がいくつかある。
今月、来月は書面による反論、直接交渉、
裁判の尋問など、反論の仕事が多いです。
■(1)今回の事例________
「天井裏の雨漏り」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-天井雨漏り
 
 
◆写真解説
 
天井の雨漏り。室内へ漏っていないが、
断熱材が雨を吸っている状態。
 
◆内容説明
屋根の各所から雨漏りしている現場。
赤外線サーモグラフィーカメラで調べたら
室内へ漏れていない天井裏の雨漏りを発見。
もう少し漏水の量が増えれば、室内へ漏れる。
◆対策
少量の漏水では表へ出てこないこともある。
そのようなケースでは赤外線カメラでの確認が有効です。
====================
■(2)編集後記
今日完成検査に行った現場、
施工した大工さんの腕がいい。
だから仕上げの不備は、ほとんどなし。
同じお金を払うなら、腕のいい職人さんに造ってもらいたいですね。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!
 

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る